自信をつくる

o0220023814894108111 1 - 自信をつくる

自信をつくる

o0220023814894108111 - 自信をつくる

芳村思風一語一会 vol.4267
☆☆☆☆☆         
信じるに足る自己をつくる   
☆☆☆☆☆
「いざという時には体系的な知識は一向に役に立たない。
断片的に覚えた名文句が意外にも人生を支える。」
 渡部昇一 (上智大学名誉教授)

という言葉もあります。

芳村思風先生の言葉を集めた「芳村思風 語録」という冊子があります。
哲学はむずかしい、哲学は仕事にも生活にも関係ないと思われている人にも、
言葉から感性論哲学を知っていただけるような入門書的な冊子になっています。
プレゼントにも最適です。
ごめんなさい、今は在庫切れですが、
5月ごろには改訂版を発売予定です

しかし断片的な知識だけでは確固たる自信や行動力にはなりません。
確固たる自信を持つためには、体系的に学ぶことや学問的な根拠をもつことが必要です。
それが
「信じるに足る自己をつくる」
「信じられる自分になる」
「自分を信じて生きる」
という力になるのです。

では「信じられる自分をつくる」とはどういうことでしょうか。
よくスポーツ選手が「やることはやりました。
あとは自分を信じるだけです」と話しています。
このときは、まだ完全に自分を信じきれていないから
無意識のうちに
「信じなければいけない」と自分に言い聞かせているのかもしれません。

やりきった感があれば、それが根拠となって
「あとはやるだけです」と言い切ることができ、
実践への勇気と自信が湧いてくるのです。

では「自信をつくる」とはどういうことでしょうか。
自分を信じると書きます。
自分を信じなければ、ほんとうの意味での自己実現は難しいのです。

信じるものが自分の外にあるとき、人間として内面的に充実した人生は歩めません。
宗教においても自分の外にある神を信じるのではなく、
神は自分の中にいる、
神の力が自分の命から湧いてくると信じきったとき、
人間として自信をもって生きることができるのです。

信じることは理性でできますが、
信じきる・信じ抜くことは、
理性だけではできません。

人間は、理性と感性と肉体の3つの要素で成立しています。
自信をつくるためには、この3つの要素を満たすことが必要なのです。

1.理性を満たす
「知識を増やす」

学問的知識や技術を獲得すること。
持っている知識や技術のレベルアップを続けること。

2.感性を満たす
「自分の生き方を支える哲学をもつ」

哲学をもつこと。
生き方や信念のゆるぎない根拠をもつこと。
感性を納得させる論理をもつことが、人間的行動を支える勇気と自信の基礎となります。

3.肉体を満たす
「実践的確信を積み重ねる」

実際にやってみて、成功体験を積み重ねること。
知識と哲学だけでなく行動し、人を納得させるだけの結果をつくり続けることです。
頭で考えて動くのではなく、体が勝手に反応するというレベルまで続けることです。
この3つをすべて満たすことで、その相乗効果として理屈抜きの自信が命から湧いてくるのです。

   
                                    
「風の思い」
~芳村思風 46の言葉~より

やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・

●芳村思風先生の勉強会
コロナの感染状況で変わることがあります
勉強会や講演会、詳しくは、主催者までご確認ください

●2月15日(月)12:00~
facebookライブ
「コロナは我々に何を教えてくれたのか」

※お問い合わせは
思風庵哲学研究所
 


Source: New feed
o0220023814894108111 1 - 自信をつくる

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

 

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。