平成30年度 東京思風塾2月3日開催しました。

平成30年度 東京思風塾2月3日開催テーマ「世界文明の中心は今、日本の真上にある」

東京思風塾の年間テーマは『覚醒の時代~目覚めた命を生きる~』
平成30年の第一回のテーマは『世界文明の中心は日本の真上にある』

「覚醒は時代と共に変化し現在は第3の覚醒の時代」

歴史的な背景を考慮すると、宗教の時代において「人間は神ではない、不完全な存在」 不完全性の自覚に目覚め、不完全性に覚醒し人間の格というのを意識して生きる時代に入った。 これは第1の覚醒の時と言える。

第2の覚醒は近代 「人間の本質は理性」 理性を限りなく発展、成長させた時代 その生き方として近代の科学技術文明が創り出されて発展してきた。理性能力を成長発展させる事に目覚め、理性に覚醒した時代

今その積み重ねの結果 人類は宇宙に目覚め、命に目覚める第3の覚醒の時代に入った。

第3の過渡期とは 過渡期こそ最も文化が栄える時期で完成度の高い文化が成り立っている
ギリシャ人は古代文化を担っていた。 古代文化が量的に拡大したのはメソポタミア文明、 古代の石の文化をギリシャ人は発展させ、完成度を高めた上 中世を拓いたという歴史がある。

そして、ルネッサンスは宗教文化
ルネッサンスを通じて中世~近代へと変化しており

近代を終わらせて未来を拓く それが日本人としての役割ではないか

過去へのしがらみを断ち切って新しい時代へ突入する過渡期
これまで我々は民主主義を信じていたが 民主主義が制度破綻に近づいてきている。

民主主義を終わらせること、それが近代を終わらせる事

民主主義を何故終わらせる必要があるかというと、民主主義は権利の主張から始まっている歴史があり 義務を言うより権利を主張する そういう時代を創り出したのが民主主義の出発点 義務を果たす努力を極端に避けて権利を主張している

義務を逆手にとって、義務を持って人を攻めてしまっているのが民主主義の実態
責め合う社会であってはいけない。
不完全な人間が安心して安らかに生きる社会は攻めあい権利を主張するのではなく
許しあって生きる愛に基づく新しい社会のあり方を考えていくべき

 

中世の段階で目覚めた自覚は「人間は不完全である」という事

人間短所が無ければ人間ではない。長所だけなら神様である。
長所短所共に存在しているもので、無くすことは出来ない。

人間も宇宙の一部分、宇宙とはマイナスとプラスのエネルギーが半々ある事。
それが宇宙の秩序を形成しており、対存在という言い方が出来る。

プラスにマイナス
陰には陽
光に影
表に裏
真に偽
善には悪
男には女
動物に植物

あらゆるものが相互補完的な関係でバランスが成り立っている。
だから人間には長所短所も自分で創ったものではなく誰でも半分ずつあるもの

  • 平成30年度 東京思風塾2月3日開催テーマ「世界文明の中心は今、日本の真上にある」
  • PIC 0088 900x600 - 平成30年度 東京思風塾2月3日開催しました。
  • 平成30年度 東京思風塾2月3日開催テーマ「世界文明の中心は今、日本の真上にある」
  • 平成30年度 東京思風塾2月3日開催テーマ「世界文明の中心は今、日本の真上にある」
  • 平成30年度 東京思風塾2月3日開催テーマ「世界文明の中心は今、日本の真上にある」
  • 20180203174651 900x600 - 平成30年度 東京思風塾2月3日開催しました。
  • 平成30年度 東京思風塾2月3日開催テーマ「世界文明の中心は今、日本の真上にある」
  • 20180203174705 900x600 - 平成30年度 東京思風塾2月3日開催しました。
  • 20180203172731 900x600 - 平成30年度 東京思風塾2月3日開催しました。
  • 平成30年度 東京思風塾2月3日開催テーマ「世界文明の中心は今、日本の真上にある」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!