Slide image

第1期100年後も残ってほしい会社セミナー

Slide image

第2期100年後も残ってほしい会社セミナー

Slide image
Slide image
Slide image

100年後も残ってほしい会社セミナー

代表世話人 松前 兼一

『私の人生理念、それは「透明な在り方」です。
私をそこに導いてくれたのは佐藤初女先生(森のイスキア主宰・2016.2.1帰天)と、感性論哲学創始者、芳村思風先生でした。
お二人の対談の場を三度つくらせていただきました。ことのほかウマが合うというか、不思議なほどお互いに引き合い照らしあう間柄になりました。
まるで日本の母性と日本の父性の邂逅のようでした。お二人からは、これからの時代の全人類が目指すべき在り方を教えていただきました。2016年春にスタートした「100年後も残って欲しい会社セミナー」が誕生したキッカケは、セミナーのメイン講師である加藤雄一さんと新井和宏さんの中に、初女先生と思風先生が持つ空気感、波動、エネルギーと同じようなものを感じたからでした。
お金を大切にしつつもお金から少し離れた人生観を持っておられた初女先生と思風先生のお二人と違って、お金というものに近い存在である実業界の加藤雄一さん(東証一部上場会社経営者)と、金融界の新井和宏さん(鎌倉投信ファンドマネージャー)に、同じ空気感を感じたことは、私にとってとても新鮮な発見でした。そのことが、100年後も残って欲しい会社プロジェクトを立ち上げる大きな動機となりました。

謙虚さと自信
愛と意志
透明感と存在感
誠実さと好奇心
不完全の自覚と矛盾を生きる多様性

私が感じた共通項でした。
100年後も残って欲しいと願われる会社に成るために、成ろうとする経営者のために、このセミナーは存在します。会社の大小を問いません。創業の歴史の長さも問いません。志のみをご持参いただければと思います。最も苦しいときに、どう在るかが問われます。
「100年後、あなたはいません。残るものは自分の思いや想いや念いだけ。つまり経営は理念だ」と新井さんは言います。
これまで体験したことのない激しい価値観の変化と進化は、すでに始まっています。しかしこれだけはあともどりしないでしょう。人類が初めて、人間が人間に憧れる時代が始まっているという真実。』
「時代が問題をつくり、問題がそれに答えを出す人物を作る。」(芳村思風)

100年後も残って欲しい会社プロジェクト
代表世話人 松前 兼一

Return Top