人生を変えるキッカケになった言葉(3/3)

人生を変えるキッカケになった言葉(3/3)

「あともうすこしがんばりなさい。
あきらめてはいけません」

1年悩み続けた。
絵なんて描けない。
毎日、色鉛筆や水彩絵の具いろいろと試して描いた

むり、ムリ、無理だ

「先生、1年やったけど、絵が描けません。
絵なしで、言葉だけでカレンダーを作らせてください」

本当に一所懸命やったのなら、

あともう少しがんばってください。
今あきらめてはダメです。」

 

このときの先生の表情や声は

いつになく厳しいものでした

t01970410 0197041010301617111 - 人生を変えるキッカケになった言葉(3/3)

仕事が終わってから、家に帰って毎日遅くまで絵を描いていた。
でもやっぱり31枚も描けない。

1~2週間後。
外出から帰ってきて、ポストを見た。
マンションの集合ポスト。
右上にどこかで見たようなイラストが入った名刺が貼ってある。

2年前、初めて芳村思風先生の勉強会の帰り、
東京駅の本屋で買った本の挿絵と一緒だ。

2~3日前、友人がくれた『たいせつなこと』(松下幸之助)phpの
挿絵のイラストと同じだ。

部屋に帰って、名刺にあった電話番号に連絡した。
すぐに「お会いしましょう」と2階上から降りてきてくれた。

お話いているうち、
「実は、イラストの仕事とは別にこんな絵の描き方を
広げたいと思っているんです」
とパステルシャインアートを教えてくれた。

やってみたら、おもしろかった。
やってみたら、自分にも絵が描けた。

これなら31枚描ける!

そう感じた。

やってみたら、どんどん工夫がわいてきた。

 

 

t02060399 0206039910301617112 - 人生を変えるキッカケになった言葉(3/3)

休みの日は、朝から晩まで描きつづけた。
毎日仕事が終わってから、明け方まで絵を描いていた。

3ヶ月で、「芳村思風 日めくりカレンダー」ができた。

印刷は個人でやる。

そう決めていた。
 

印刷屋さんにも持ちこんだら、代金前払いの条件。

2,000冊。200万円以上かかる。

売れないなんて考えなかった。
「売れなきゃ、みんなにプレゼントしたらいい」
借金もなんとか返せるだろう。

初版の2,000冊は、1ヶ月で完売。
追加1,000冊。
借金を返済したので、手持ちの現金では、
割高になるけど2,000部作れなかった。

10月に発売し、計3000冊は、2か月で年末には無くなりそうになっていた。

年が明けて、大口の注文をいただき
また2,000部の追加。

半年で計5,000部が完売。

プレゼントされた方がまた、プレゼント用に買ってくれたりした。

カレンダーを見て絵の注文まで、いただくようになった。

それまで勉強していたカラーセラピーとこの絵の描き方が
ぴったりきて、アートセラピーの仕事まで依頼されるようになった。
今は、絵を描くこと、絵の描き方を教えることも仕事になった。

あの時、言葉だけでもいいですよと言われていたら
今の仕事をしていなかったかもしれない。

t02200233 0445047210301617114 - 人生を変えるキッカケになった言葉(3/3)

(これは、薬師寺の大谷徹奘さん)


Source: New feed

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

 

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。