大切なのは、理性と感性のバランスではない、有機的協力関係を作る

o0220015514834633394 1 - 大切なのは、理性と感性のバランスではない、有機的協力関係を作る

大切なのは、理性と感性のバランスではない、有機的協力関係を作る

o0220015514834633394 - 大切なのは、理性と感性のバランスではない、有機的協力関係を作る

芳村思風一語一会 vol.4148
私は、感性型の人間です
感性型にならないといけない
なんて、思っていませんか。

感性型や理性型は、決まったものではなく
その時の状況や相手の人間で変わります。

人間は、ひとつの型に分類できません。
分類しても意味はありません

変化するのが人間なのですから。

感性が良くて、理性がダメではありません。
理性も感性もどちらも必要なのです。

☆☆☆☆☆☆☆
感性と理性の関係
☆☆☆☆☆☆☆
大切なのは、理性と感性のバランスではない。
感性と理性の有機的協力関係を作ること。

理性とは、客観性と普遍性の能力です。
理性的に考えるとは「みんなにとってどうか」と考えることです。

社会、人類、国家など、自分を包み込む、
より大きなものを視野に入れながら、
自分の中から湧いてくる欲求を実現しようとすることです。

ここに偉大なる人間の仕事が始まるのです。

単に命から湧いてくるものを
そのまま自己中心的にぶつけるのではなく、
湧いてくるものを理性を通して表現するところに人間的な行動があるのです。

理性は客観性と普遍性の能力であるがゆえに、
それを使って考えると、「みんなにとってどうなのか」という
社会性・人類性が芽生えることになります。

理性を通して表現することによって、
命から湧いてくるものは「志」となり、
「使命」になるのです。

感性論哲学とは、
「感性」が正しくて、「理性」はダメというものではありません。
「感性」が主で、「理性」が従でもありません。

「感性」から湧いてきたものを、
「理性」を使っていかに人の役に立ち、
人に迷惑をかけないようにして、
自分の欲求・欲望を実現するかを考える。

感性と理性のバランスではなく、
「感性と理性の有機的協力関係をいかに作るか」

感性から湧いてくるものだけでは、野獣と同じ。
理性を使って人間らしくすることが大切なのです。

よりやさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・

●芳村思風先生の勉強会
勉強会や講演会、詳しくは、主催者までご確認ください

・10月28日(水))名古屋思風塾
18:00~20:00 WINCあいち
参加費:2,000円

●愛の実力の育て方
講演録「人間関係10の原則」
A5版 82ページ
@1,000円+税

※お問い合わせは
思風庵哲学研究所
 


Source: New feed
o0220015514834633394 1 - 大切なのは、理性と感性のバランスではない、有機的協力関係を作る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

 

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。