「小さき花のテレジア佐藤初女先生は、2016.2.1 神さまの身許にお帰りになりました。94才でした。4年続いてきた初女先生の透明なお料理講習会は、もうできなくなりましたが、初女先生から伝授されたお心は、これまで参加された皆さまの胸の奥に生き続けることと思います。初女先生、これまで優しくご指導いただいて、本当に本当にありがとうございました。 どうぞ神さまのみ胸に抱かれて、ゆっくりとお休みください。」
佐藤初女先生

これまでお料理講習会、出版記念講演会と活動に関わらせて頂きました。佐藤初女先生は、限りなく透明感を持ちながら凛とした存在感をもっていらっしゃる。その在り方こそ「透明な在り方」を体現されているお姿。今後は2010年11月森のイスキアの佐藤初女先生の在り方にヒントを得て名付けられ、新しい時代を生きる人間の在り方として「透明な在り方」を模索する勉強会として発足した「透明な在り方フォーラム」の仲間達とささやかだけれどぬくもりのある活動を続けています。

日本の響きと祈り

Top