新しい時代

新しい時代

新しい時代

今、まさに一つの時代が終わろうとしている。

二十世紀の理念に生きた巨星が、一人また一人とその輝かしい時代に別れを
告げて去って行く。

世界の文明は、あらゆる分野において危機に直面しており、
深まり行く混迷の中で人々は不安に包まれている。
終焉とはさみしい言葉である。

喜びは短く、悲しみは長い。
喜びは努力しなければ得られないが、
悲しみは努力なしにやって来る。

人生とは、その大半が苦から楽への、悲しみから喜びへのプロセスである。

人間の価値は、このプロセスそのものにどれ程の生き甲斐を見い出し得るか
にかかっている。

世界は、今後、苦しい不安定な動乱期を経験しなければならないであろう。
しかし、それは決して悲しむべき時代ではない。

むしろ、動乱期こそ最も素晴らしい時代である。

すべてのものがそこから生まれ、
あらゆる新しいものへの可能性をはらんだ生き甲斐のある時代
世界中の若人が待ちに待った、夢多き時代がやってきたのである。

 

芳村思風

 

「感性の時代」より 


Source: New feed

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

 

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。