カンタンにわかってたまるか!

カンタンにわかってたまるか!

 

 「カンタンにわかってたまるか!」

 by行徳哲男先生

 

「感性論哲学は難しい」

「芳村思風先生の本や話は、わかりにくい」

という意見に答えた行徳先生の言葉です。

 

「感性の哲学を頭で、理性で

理解しようとするからわからないんだ。
腑に落ちるまで味わえ・・・
『深さ』を味わえ。

深さは、実践して体で実感し、

痛みを乗り越えなければ、
深さは理解できない。

 

何度も何度も繰り返して読む

そのうえで繰り返し、繰り返し実践していくと

あるとき、ふと このことか!

と腑に落ちる

 

 

 

「知っている・わかっていると、

できるは違うんだ。

できなくても、学んで、意識しているだけでもいい。
学び続けること。
そして何より、失敗しても失敗しても

繰り返しやり続けることが大切なんです。

感性論哲学は、実践の哲学なんです。

感性論哲学は、これからの時代に必ず必要となってくる哲学なんです。」

 

わからなくてもいいから、同じ文章を何度も読む、何度も話を聞く。

いつか頭でわかったではなく、

腑に落ちるときが来る。

 

1回でわかるようでは、身につかない。

わかったふりをしているだけだ。

実践できない哲学は哲学じゃない。」

 

<

p align=”left” style=”margin: 0mm 0mm 12pt;text-align: left”> 

 


Source: New feed

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

 

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。