矛盾を生きる、不完全を生きる (後篇)

o0751055914807872146 1 - 矛盾を生きる、不完全を生きる (後篇)

矛盾を生きる、不完全を生きる (後篇)

o0751055914807872146 - 矛盾を生きる、不完全を生きる (後篇)

芳村思風一語一会 vol.4096
☆☆☆☆☆
矛盾を生きる、不完全を生きる (後篇)
☆☆☆☆☆
「人間において矛盾を活かした生き方」とは、
どのような生き方なのでしょうか。

それは長所も短所も同じ価値を持つ大切な能力として認めて、
長所も短所も活かして生きるということです。

社会を生き抜くためには、
長所を磨いて、人の役に立ち、
他人から一目置かれる能力を持った人間となり、
自信を持つこと。

短所があることを自覚することで、
謙虚な心を忘れないことが原則です。

自信と謙虚さは、成功への人生を生きる一対の原理です。

考え方や価値観の異なる人とも共に生きることが、
矛盾を生きるための大切な実践です。

そのためには対立する考え方は、
自分の欠けたところを補うために存在するという摂理の構造を理解していることが必要です。

そして物事には、プラス面とマイナス面があることを意識すること。

どんなにいいことでも、それによって迷惑をかけ、
不利益になる人がいることに配慮する気持ちが大切です。

これを「不完全を生きる」といいます。

悪は現実社会の問題点を教え、善なる行為を引き出す現象です。
問題や悩みは、人間の潜在能力を引き出し、
成長させるために出てくると理解することが、
「矛盾を生きる、矛盾を活かす」生き方なのです。

この「矛盾を生きる、不完全を生きる」力が、
愛の力であり、実力として成長させていくことが、
人間らしく生きるということなのです。 

「風の思い」より

やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・

●芳村思風先生の勉強会
勉強会や講演会、詳しくは、主催者までご確認ください

・8月26日(水)名古屋思風塾
18:00~20:00 WINCあいち
参加費:2,000円

●講演録「人間関係10の原則」
~愛の実力を育てる~
A5版 82ページ
@1,000円+税
愛の実力の4回分の講演を1冊にまとめました

※お問い合わせは
思風庵哲学研究所
 

 


Source: New feed
o0751055914807872146 1 - 矛盾を生きる、不完全を生きる (後篇)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

 

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。