宗教戦争を無くすためにはどうするか

o0220016214097772149 1 - 宗教戦争を無くすためにはどうするか

宗教戦争を無くすためにはどうするか

 

o0220016214097772149 - 宗教戦争を無くすためにはどうするか

 

芳村思風一語一会 vol.3130
☆☆☆☆☆
一神教と宗教戦争
☆☆☆☆☆
イスラム国のテロ行為は、イスラム教スンニ派の過激派とキリスト教を中心とした欧米諸国、
それ以前から続く中東イスラエルとパレスチナの紛争は、
ユダヤ教とイスラム教の宗教戦争という色彩が濃い。

イスラム教は唯一神アッラーと予言者ムハンマドを信仰する一神教であり、
ユダヤ教も唯一神ヤハウエを信仰する一神教です。
キリスト教もイエスを信じる一神教です。

これらの一神教はすべて中東地域において成立した宗教です。
3つの宗教の聖地が今話題のエルサレムです

多神教を持つ民族には、あまり深刻な宗教戦争といえるものは起こりません。
なぜ一神教の民族には宗教戦争が起きるのか。
なぜ中東地域が宗教対立を抱えてしまうのか。

中東地域の宗教が一神教という性格を持ち、なおかつ宗教的対立と戦争が絶えないのは、
この地域の精神風土が持つ科学性に原因があります。
科学的理性は、「真理は1つ」と考え、
「矛盾を排除」し、「画一性を追求」して、
全体に共通するものを作りだそうとします。

中東地域はこのような科学的理性をその精神風土に持ち、
理性に支配された感性や心情を強く持っているために、
他を排除し、自らの宗教を他に押し付け、
少しの相違も許さない、かたくなな言動に
陥ってしまうのです。

これが「真理は1つ」という信念と合体した「一神教」という性格を持った宗教が、
対立や戦争から、なかなか脱却できない理由です。

真理は1つではなく、真理は成長発展変化するものです。
矛盾があってはならないと判断するから、
考え方の違いで対立し、価値観の違う人とは仕事ができないと考え、
性格の不一致や価値観の違いで離婚し、
気のあう同じ考え方の人が集まって他を排除する。
宗教や民族やイデオロギーの違いで戦争し、殺しあっているのが現状です。

今後数百年は、国境というものが無くなる時代へと動きます。
すでに経済や情報の世界では、それが現実なっています。

理性はより良い生き方をするために命が作りだした能力なのだから、
理性には「どうすれば考え方の違う人と仲良く生きることができるのか」
を考える使命があるのです。

個性の時代の唯一の指導者であり、
「大和心」を民族の精神として生きる日本人こそ、
中東地域を新しい生き方に目覚めさせる使命を持っているのです。

やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・

※新「日めくりカレンダー」
「1,500円 + 税 + 送料
o0790057614081956972 5 - 宗教戦争を無くすためにはどうするか
o0576102414081956978 1 - 宗教戦争を無くすためにはどうするか

※お問合せは・・・思風庵哲学研究所

 

 


Source: New feed
o0220016214097772149 1 - 宗教戦争を無くすためにはどうするか

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

 

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。