人生を変えるキッカケになった言葉(1/3)

人生を変えるキッカケになった言葉(1/3)

「降りかかる苦難の中に使命あり」

t02200237 0367039510301605059 - 人生を変えるキッカケになった言葉(1/3)

2002年 4月、この一言との出会いで、人生が変わりました。

いろいろとあって、3ヶ月間くらい、引きこもり
昼夜逆転の生活が続いていた。

そんなとき2年位前から誘われていたけど
興味がなくて拒否していたセミナーに参加した。

感性論哲学の芳村思風先生の講演会。

哲学なんて興味ない。
仕事にも関係ないし、生活にも必要ない。

大阪に住んでいたので、東京まで高い交通費かけて
どうして哲学の講演会なんかに出なきゃならないのか。

そう思っていた。

仕事をやめて、何もしていなかった私を誘ってくれた人がいた。
半強制的?無理やり?に近かったかも・・・

勉強会は、2日間。
土曜の1時から8時までと日曜の9時から12時まで。
2日間で、10時間。

最初の講義。

寝てしまった!

淡々といた口調、パフォーマンスもなく、
板書などもなく、動きもない。
一方的に先生が話し、聞いているだけ。
質疑応答もない。

居眠りから目覚めたときo0985069715033251317 - 人生を変えるキッカケになった言葉(1/3)o0985069715033251318 - 人生を変えるキッカケになった言葉(1/3)
「問題は、あなたを成長するためにある」
そんな言葉か入ってきた。

せっかくだから、本でも読んでみよう。
そう思って本を購入。サインお願いした。

ペンを持った先生の動きが止まった。
5分くらいだろうか、机をはさんでにらめっこ状態。
目をじっと見つめられたまま動かない。

そして書かれた言葉

「降りかかる苦難の中に使命あり」

その言葉を見たとき、意味もわからず涙が止まらなかった。

以来半年、東京と大阪の勉強会に毎月参加した。


Source: New feed

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

 

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。