今こそ、対立ではなく、力を合わせるとき

今こそ、対立ではなく、力を合わせるとき

与党と野党は、意見の違いで対立し、
政策の問題点を指摘し、攻撃するときではありません。
 
いまこそ、考え方や価値観の違いを超えて、力を合わせるときなのです。
「もっと国民のためになる製作を」と言いながら、
目は、相手を攻撃する戦いの目になっています。
 
まず目を変えないとともに力を合わせるということはできません。
 
民主主義は、戦い競争することで、成長してきました。
権利を主張することだけで、義務をできるだけ果たさなくていいようにと考えてきました。
 
それ以上に、相手が自分に対する義務を果たしていないと言って
相手を責める材料にしている
これは、行き過ぎた民主主義の弊害です。
 
理性で対応するのではなく、
愛を持って共に力を合わせるにはどうすればいいか
を考えるときなのです
 
このコロナウィルスの問題が、
新しい時代を拓くためのキッカケになるのだと
世界中が自覚するときです。
私たちひとり一人が、自覚することで、
新しい時代が始まるのです。

 


Source: New feed

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

 

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送