感性の本質は、感受性ではない、求感性です

o0589088214717003442 2 - 感性の本質は、感受性ではない、求感性です

感性の本質は、感受性ではない、求感性です

 

o0589088214717003442 - 感性の本質は、感受性ではない、求感性です

芳村思風一語一会 vol.3914
☆☆☆☆☆
求感性(ぐかんせい)

求めなければ受け取れない
o0589088214717003442 1 - 感性の本質は、感受性ではない、求感性です感性の本質は、感受性ではない、求感性です

☆☆☆☆☆   
「感性」とは何か。 
私という意識の根拠となっているのは「感性」。
感性とは、人間の本質であり、生命の本質、宇宙の究極的存在です。
本質としての感性は、すべての生命が持っています。
この感性が、理性によって人間化されたものを「知的感性」といいます。

この知的感性が「心」なのです。
心は、理性によって感性が人間化されたものです。
心とは、意味や価値を感じる感性です。
幸せや感謝や尊敬・責任感などは全部感じるもので、
理性によって感性が人間化されることによって出てくるものです。

感性の本質(最も根本にある能力)は、
「求感性(ぐかんせい)」です。

感受性ではありません。
感受性は、消極的・受動的能力であり、感性の本質ではありません。

求感性とは、自分が生きていくために必要な情報を
積極的に求めて感じ取ろうとする働きです。
調和・合理・統合を模索する働きです。

この感性の働きの結果として、現象としての感性がでてきます。
感性の現象とは、本能・感覚・欲求・感情・感受性などです。
感受性は、感性の現象形態のひとつなのです。

では感性を磨くには、どうすればいいのでしょうか。
「したいことがわからない」のは、
自分の心が何を求めているかわからないということです。

求めなければ入ってきません。
感性を磨く、感性を高めるということは、求感性を高めることなのです。
では「求感性を高める」とは、どうすればいいのか。

自分の心が何を求めているのか、理性を使って考えること。
理性を使って意味や価値や素晴らしさを考えることで、感性を成長させるのです。
感性を磨くには、理性的努力が必要なのです。

感性と理性の関係は、バランスではありません、
有機的な協力関係をつくることがたいせつなのです。 

「風の思い」
~芳村思風 46の言葉~より

 
やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・

●2019年度の思風会会員特典は、3月末ごろの完成予定です
遅くなって申し訳ありません

●芳村思風先生の勉強会
・3月 5日(木) 沖縄講演会
10:00~16:00 浦添
参加費:2,000円

・3月17日(火)四日市思風塾
19:00~21:00 ミッドランド経営 
参加費:5,000円

※お問い合わせは
思風庵哲学研究所

 


Source: New feed
o0589088214717003442 2 - 感性の本質は、感受性ではない、求感性です

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

 

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。