2018年12月13日愛の子育て塾第13期第4講座開催しました。

2018年12月13日愛の子育て塾第13期第4講座開催しました。

第1講座:女神講座
第2講座:女性の体について
第3講座:胎内記憶について
第4講座:魂について

第4講座は、胎内記憶の事例を以前TVで取り上げられた動画を基に解説頂きました。

「胎内記憶を知ったお母さんは子育てが楽しくなる。親子関係が良くなり子育てが前向きに捉える事が出来る」

 

「退行催眠による胎内記憶」

胎内記憶の事例の中で、お母さんを笑顔にする為、地球を救う為に来る子が多い中 離婚をさせない為に来る子の例を教えて頂きました。

チェンバレン博士の紹介(誕生以前の退行催眠)
『誕生を記憶する子どもたち』デーヴィッド・チェンバレン(米 1988)

messageImage 1545027211209 - 2018年12月13日愛の子育て塾第13期第4講座開催しました。

池川先生が99年頃にチェンバレン博士の本と出会い、退行催眠をかけて聞き出した「誕生記憶」
※退行催眠とは本来、患者さんの深層心理を引き出すことで、過去のトラウマを解決する手法

退行催眠で過去の記憶を思い出す時に(お腹の中の記憶)が出てくるケースがあり、 生きづらい方2000人に退行催眠を行った所、2000人中6人だけこの両親の所に産まれて来たくなかった。
残り1994人は今、生きづらいと感じていても自分はこの両親の下に生まれてきたかったという実験結果が見られ、自分で選択して産まれて来ているという事が退行催眠からも検証出来た話を頂きました。

産まれる前から産まれて来る目的を殆どの方が持ってきて産まれて来ているなら、新たに考えるよりも元々の家族(お母さん)を基に振り返ってみると本来生きる目的を見出せるかもしれない。そこの第1歩として胎内記憶があるという事を知ってもらう事がいいのではないか。

池川先生が医院のスタッフさんに話をした時も当たり前の様に「うちの子はお腹の中にいたころのことを覚えてます」と言っていたとの事です。

 

魂について

魂は「たま」と「しい」の2つから成り立っている。
「たま」は情報

「しい」は感情

情報に感情が乗った状態が魂

薄い皮の中に情報が入り、肉体に宿る。
その後に情報が書き換えられて、宇宙に持って帰る

魂が真ん中にあって、その周りを覆っているのが情報(記憶)
産まれる前に持っている情報が
A,B,Cと仮定するとこの世に生まれていろんな経験する事でA,B,CがlargeA,largeB,largeCと情報が濃くなり、その情報を持って空に帰る。

つまり、生きて産まれて亡くなるまでに行うのは「情報の書き換え」

書き換える為に生まれてきたのだから
何がいい悪いではなく全ての人の人生がOK。

48064219 290456361607848 448618327728717824 n 1 - 2018年12月13日愛の子育て塾第13期第4講座開催しました。

48166661 1096575140544437 621936578998042624 n 1 - 2018年12月13日愛の子育て塾第13期第4講座開催しました。

48381264 1952716555037482 5380700874848862208 n 1 - 2018年12月13日愛の子育て塾第13期第4講座開催しました。

 


当日の様子を1期トミーさんが紹介してくださいました。

きのうは第13期の愛の子育て塾でした!

6年前の 第1期は参加者として、その後はオブザーバーとして、3人の講師の中の1人として、毎回出席させて頂いていますが、池川先生のお話はどんどん進化していて何度聴いても面白いし深い学びになります

今日も笑いあり、涙ありの楽しい時間でした‼︎

本当に深いお話で書ききれませんが、少しだけシェアさせていただきます☆

生きづらい、こんな世の中生まれてくるんじゃなかった、と思って生きてる人集めて退行催眠したら、2000人中6人以外は
「生まれて来たかった」 と。
つまり忘れているだけで、ほとんどの人がいろんなことわかった上で、生まれて来たくて生まれて来ている。

 赤ちゃん異常があるとママから刷り込まれたら異常になる。
異常なんじゃないかといろいろ調べたり、異常かも?と思うとそれがママの願いだと思ってそうなる。

うちの子病気がちで、、、 と言っていたら本当に病気になる。
自分の気持ちで子供を悪くする必要はありませんね?

私たちは魂の情報の書き変えのために生まれてくる。
だからどんな体験でもいい悪い関係なく情報の書き変えができる。

赤ちゃんたとえ流産や死産でも、お腹にいた時の感情や情報は持って帰れる。 それだけでも嬉しい! ありがとう! と帰って行っている。

他にもたくさんお話してくださいました

最後は松前けんちゃんの娘さんの感動的な動画でみんな涙

少人数で、池川先生に直接質問したり、自分の話を聞いてもらえたり、講座のあと先生とお酒を飲みながら一緒にお食事できる機会は、愛の子育て塾しかありません。

大人気のこの講座、来期の募集もそろそろ始まる予定ですので、ご興味ある方はチェックしていてくださいね^_^
すでにお申し込みもあるようです。

詳細はコチラ
https://iwillbe.co.jp/ainokosodate/

ここでしか話せなかったことを話せたり、話のわかる人たちに出会えて参加して本当に良かった! 世界が変わった‼︎ とおっしゃる方も多いです。

また主催の松前けんちゃんも愛の方で、是非皆さんに1度は会って頂きたいです

池川明先生、松前けんちゃん、今日は離れた所からエネルギーを送ってくれた土橋優子ちゃん、Liraちゃん、撮影、編集の山ちゃん、ご参加下さった皆様に感謝致します


池川先生のメルマガより

2018/12/14

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

池川明の胎内記憶(出生前記憶)からの子育て(73)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

愛の子育て塾13期生終了しました。

愛の子育て塾が今年最後の講義を終えました。

これまでで100名以上の方が参加なさり、各方面で活躍されています。

国内のいろいろな地域で講演会に伺うと、「受講生です」とご挨拶される機会も増えてきました。

嬉しいことです。

愛の子育て塾は、これから赤ちゃんを授かりたい人、現在妊娠中の人

子育てで悩んでいる方、良い子育てをしたいと願っている方に、

胎内記憶から考えられる子育ての仕組みなどを解説している3日の講座

でスタートしました。

一期生からなかなか面白いメンバーが集まり、この講座に参加すると

子供は全く考えていない、とか、彼も居ないし、一生独身で通す、

という人や不妊で悩んでいるんです、という方が、どんどん結婚するし

高齢の受講生も、ちゃんと赤ちゃんが授かって皆安産だ、と評判に

なっている、不思議な講座です。

回を重ねるごとに内容が濃くなっていて、それまでに分かったことを

取り入れていくので、一期生の時と比べると十三期生は、かなり内容の

濃い講座を受けていることになります。

何らかの理由で受講できなかった人は、その次の期で不足分を補うこと

ができるので、補講以上に充実した内容を提供できていると思います。

現在は、量子力学的子育ても取り入れて、魂の存在を五次元世界を想定して、

その魂と肉体との関係についても語っていて、かなり面白いと思います。

十三期生の最終回には、今回初めて動画を提示させてもらいました。

2005年5月にフジテレビで放送された「胎内記憶特集」の映像を流し、

久しぶりに若いときの自分と出会うことができました。

その内容は現在見ても十分に手応えのある内容で、胎内記憶を知るには

最良の材料の一つだと思います。

それから1990年代に放送されたワンダーゾーンの動画で、チェンバレン博士

が退行催眠をする場面があり、母親との関係の悪いサラマーティンさんが

退行催眠を受ける場面が出てきます。

親が妊娠中から荒れていて、子供を産みたくない、と言っていることも思い出したそうです。

そのために親との関係がものすごく悪いのに、受精の瞬間まで思い出して、

さらに自分の母親を自分で選んだことを思い出し、

そのお母さんを助けるために生まれて来た、と話しています。

同じように、多くの人は退行催眠で「私は生まれてきたかった」と語るそうです。

多くの人が語っているので、多くの人に生まれて来た目的はたぶん

どんな状況であれ、間違いなく「生まれるため」というのがあると思います。

さらにワンダーゾーンの中にはデヴィット・チーク博士という産婦人科の

退行催眠の専門家が出てきて、インタビューを受けています。その中で

2000人の生きづらさを抱えているクライアントさんに、「自分は生まれて来たかったのか?」と

質問すると「たった6人だけがノーと答えました」と語っています。

さらに

「後の約2000人は自分は生まれて来たかった、しかも、今の両親に産まれてきたかったと言うのです。」

と語っています。

ということは、100%でないにしても、どうしてこんな辛い人生を送っているのだろう

と思っている人のほとんどは、自分でその環境を選んで生まれて来ている

ということになります。

障害を持つことはどうなのか、虐待はどうなのか、と聞かれることがよくありますが、

自分で選んできた、ということを前提に考えると、ある答えが見えてくると思います。

ところで話が変わって、ネットで見つけた情報をシェアします。

子供が成功する確率を高めるカンタンな方法

70年間、7万人の子供たちを追ってわかった「良き親であるためにすべき7つのこと」

というタイトルと見つけました。

https://courrier.jp/amp/145006/

その7つとは

1)子供に話しかけ、子供の話を聞く
2)子供の将来に希望を持っていることを、子供に対し明確に伝える
3)温かな感情をもって接する
4)読み書きを教える
5)旅行や行楽に連れていく
6)毎日、本を読み聞かせる
7)毎日、決まった時間に寝かせる

です。

その記事には

どの親のもとに生まれるかによって、それほどまでに子供の人生が大きく左右されるのだ。

では、貧困家庭に生まれた子供は必ず不幸になってしまうのだろうか?

答えはもちろん「ノー」である。

貧困家庭の生まれでも豊かな人生を歩んだ子供たちには、ある「親の行動」が共通していたのだ。

とあります。

貧困≠子供が不幸

なのです。

上記の「子育ての7ヵ条」を実践した親のもとで育った場合、貧困家庭で生まれた子供と裕福な家庭に生まれた子供の格差は50%も縮まるというのです。

どんな家庭でも(例え裕福な家庭でも)これらの7つの事柄は子供の将来にとって

とても重要な内容だろうと思います。

できれば胎内から赤ちゃんを意識してもらえると、もっといいと思います。

明日から、胎内記憶教育協会premeaの初めての地方で開催する基礎講座を佐賀で行います。

中国からも参加する方がおられ、今後の胎内記憶の広がりを世界を視野に

入れていくきっかけにもなりますので、大いに期待しております。

今後の胎内記憶を世界に広げますので、お手伝いして頂ける方が

増えると、ととても嬉しいです。

来年は基礎講座を開催できる講師養成講座も始まります。

年間で約60名の講師の方を養成して、皆様に活躍の場を提供していきたいと

考えております。ぜひ意欲のある方の産科をお待ちしております。

詳細はpremeaのホームページでご覧下さいね!

https://premea.or.jp/

では、また次回をお楽しみに!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう