感性とは何か

感性とは何か

芳村思風一語一会 vol.3053
☆☆☆☆☆
感性とは何か
☆☆☆☆☆
感性の本質(最も根本にある能力)は、「求感性(ぐかんせい)」。

感性とは、人間の本質であり、生命の本質、宇宙の究極的存在。
本質としての感性は、すべての生命が持っている

この感性が、理性によって人間化されたものが「知的感性」。
この知的感性が「心」

——
人間は、生まれた瞬間から感じながら生きています。
いいえ、生まれる前のお母さんの体内にいるときから感じています。
寝ている時でも呼吸をしているし内臓も動いています。感性は寝ているときも働いています。
心臓が止まり、呼吸が止まったときではなく、人間の肉体から感性の働きがなくなったとき、
初めて死んだといえるのです。
なぜなら感性が60兆個の細胞をひとつの命として統合しているからです。

では「感性」とは何でしょうか。
私という意識の根拠となっているのは「感性」です。
感性とは、人間の本質であり、生命の本質、宇宙の究極的存在です。
本質としての感性は、すべての生命が持っています。
この感性が、理性によって人間化されたものを「知的感性」といいます。

この知的感性が「心」なのです。
心は、理性によって感性が人間化されたものです。

心とは、意味や価値を感じる感性です。
幸せや感謝や尊敬・責任感などは全部感じるもので、
理性によって感性が人間化されることによって出てくるものです。

感性の本質(最も根本にある能力)は、「求感性(ぐかんせい)」です。

今まで感性の本質は、感受性だと言われてきました。
感受性は、消極的・受動的能力です。
求感性とは、自分が生きていくために必要な情報を積極的に求めて感じ取ろうとする働きで、
調和・合理・統合を模索する働きです。
この感性の働きの結果として、現象としての感性がでてきます。

感性の現象とは、本能・感覚・欲求・感情・感受性などです。

理性能力は脳という働く器官がありますが、感性そのものには「どこで感じる」という感じる器官はありません。
恋をしたらドキドキするから胸に感性があるのではありません。

感性によって肉体が形成された結果として循環器や呼吸器の中心となる臓器に感性の統合能力が働いているから
胸がドキドキするだけで、胸や心臓に感性があるわけではありません。
同じように涙もろいから「感性が豊か」ということでもないのです。

感性は、1個1個の細胞が持っており、嬉しい、悲しい、気持ちがいい、
ワクワクするとかいうのはどこで感じるというのではなく、全身で感じているのです。
 

 

やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・・

※新「日めくりカレンダー」
「1,500円 + 税 + 送料


●思風会 全国大会
※開始時間が変わります
会場の都合で開始時間が1時間早くなります

10月21日(土)14:00~受付
 ANAクラウンプラザホテルグランコート名古屋
 名古屋 JR金山駅前
 参加費:
 講演+懇親会 ※完売しました
 講演会のみ ※完売しました

●芳村思風先生の勉強会
・10月7日(土)東京思風塾
13:00~19:00 品川
参加費:15,000円

・10月11日(水)広島思風塾
18:30~21:30
参加費:6,000円
 ひと・まちプラザ会議室 A(広島市中区袋町6番36号)

※お問合せは・・・
思風庵哲学研究所
 

 


Source: New feed

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

全国の思風塾メンバーからのメッセージ

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

 

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。