答えを持って、答えに縛られるな、問い続ける

答えを持って、答えに縛られるな、問い続ける

芳村思風一語一会 vol.3589
☆☆☆☆☆
答えを持って、答えに縛られるな、問い続ける
☆☆☆☆☆
●自分自身への問い
(1)いかに 在(あ)るべきか?
(2)いかに 為(な)すべきか?
(3)いかに 成(な)るべきか?

(1)人間として、いかに在るべきか?
(2)人間として、いかに為すべきか?
(3)人間として、いかに成るべきか?
 「人間」のところを「父親・母親」や「経営者」「教師」などに置き換えて考える。
 答えを持つことは必要である。答えはひとつではない。固定するものでもない。
 常にもっといい答えはないかと模索し続けることが大切なことである。

●人生における3つの問い
(1)将来どんな人間になりたいか?
(2)将来どんなことをやりたいか?
(3)将来どんな生活をしたいか?

「原理原則集 1」より

やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・

※「風の思い」1,000円 + 税 + 送料

●芳村思風先生の勉強会
・4月6日(土)東京思風塾
13:00~18:00 品川
参加費:10,000円

※お問合せは・・・
思風庵哲学研究所

 


Source: New feed

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

 

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。