未来の経営スタンダードをいま。100年後も残って欲しい会社プロジェクトStandart for The Future Management

00年後も残って欲しい会社 2日間合宿セミナー〈第6期〉 開催:2018年7月6日(金)・7日(土)会場:湯河原リトリート「ご縁の社」

このセミナーは、いまもっとも注目される投資会社・鎌倉投信の創業者 取締役の新井和宏氏と
世界トップクラスの精密バネづくりで世界展開する東証一部上場企業
アドバネクス会長 加藤雄一氏を中心とした魅力の講師人による
100年後も残って欲しいと願われる会社づくりを目指す合宿型の経営セミナーです。

  • 鎌倉投信株式会社
    創業者/取締役

    新井 和宏Kazuhiro Arai

  • 株式会社アドバネクス
    代表取締役会長

    加藤 雄一Yuichi Kato

100年後も残って欲しい会社セミナー〈第5期〉ダイジェスト動画(2'30")

あなたは、あなた自身の経営に満足していますか?

もし、あなたが経営者として、いまのあなた自身の経営に満足していないとしたら
それはどんなところでしょうか?

売上を上げられない  競合に苦戦している お客さんを集められない 人材を獲得できない  ビジョンが描けない

などなど…
それとも、会社はそこそこ上手くいっているけれどもっと高い、大きな目標、ビジョンを実現したいでしょうか?
会社の現状がどうあれ、これからの時代は、これからの時代に根ざした視座を持って、ビジョンを描き、目の前のことに対処していかなくては、早晩厳しい曲面にたたされるかもしれません。では、これからの時代の経営とはどのような姿でしょうか?イメージしてみてください。

  • 社員に愛され、社員が喜び、満足して、働くことが楽しくてしょうがない会社。
    社員がずっとここで働きたい
    と言ってくれる会社とは、どんな会社でしょうか?
  • 顧客がファンになり、ぜひ、あなたの会社で買いたい。
    あなたの会社の製品が欲しいと言ってくれるその理由とは何でしょうか?
  • 社員がまるで家族のように、また親しい友人のように関わり、会社をより良く、
    成長させて行こうと自発的にかつ積極的に行動する組織とはどんな組織でしょうか?

そんな会社が実現できたらどうでしょうか?

会社、仕事という場が、多くの人の人生の大半の時間や意識を占めている中で、そこに関わることが、人々の喜びや幸せと繋がり、そこで豊かな人間関係が築かれるとしたら。また、その場が働く人、関わる人の人間的成長、形成の場となり、その成長、成熟が人を豊かにし、人生を満ちたりたものにしてくれるとしたら…

当然そこでは十分な収益が得られ、社員に還元され経営的な安定が図れるなら、それは素晴らしい会社と言えるのではないでしょうか?会社、経営の定義は、様々な意見や考え方があります。ひたすらに規模的な成長と利益を追求していくこともひとつの経営のカタチではあります。そのような経営が評価され、また、必要な時があるかもしれません。

あなたのいまの経営はどんな状況でしょうか?

経営は上手く行っていますか?会社が伸び悩んでいる、もしくは、次のステージに向けて、大きなシフトの必要性を感じているでしょうか?

売上げが伸びない。利益が残らない。集客が思うように行かない。社員が定着しない。人材が集まらない。社内の人間関係に問題がある。顧客からのクレームが多い。

経営が上手く行かない理由は様々ですが、そこには何らかの原因があり、改善すべき点があります。何が問題なのかがわかれば、経営の苦労はないのですが、経営が上手く行かないということは、どこに問題があるかわかっていない。もしくは、対処の方法が間違っているのかもしれません。

劇的に変化する、革命的な時代の変化のただ中で

ご存じの通り、時代はこれまで以上に大きな変化の中にいます。インターネットによる情報革命でも、世界は劇的に変わりましたが、ドローン、自動運転、VR(バーチャルリアリティ)にAIがすでに、私たちの暮らしの中に入り込みつつあり、今後、多くの仕事がAIやロボットにとって変わられると言われています。また、国際情勢は元より、日本の社会も大きな変化のうねりの中にあります。

市場の価値観が変わったり、競合が現れ顧客を奪われている。新しい技術に市場が取って代わられていく。

それだけでなく、社会の価値観が大きく変化してきているので、働き方や社員に求められることも変わり、社員の満足、顧客の満足もこれまでのようには行かないかもしれません。

こんな変化づくしのいまの時代の中で、あなたが経営者として、顧客満足、従業員満足を高めながら、安定した顧客を常に確保でき、十分な収益を得られて、商品、サービスはもとより、経営の品質向上やイノベーションが行われ、会社に関わる人みんなが、喜びや幸せを感じられる。そんな経営を実現できるとしたらどうでしょうか?

100人100様の経営がありますが、そこには、上手く行っている経営者と上手く行っていない経営者がいます。

何を持って上手く行っている、成功していると言うかも価値観によって異なりはしますが、会社に関わる人みんなが、喜びや幸せを感じられる経営の実現を理想とするならば、それを実現するための要諦は、言うまでも無く、決して表面的な対策や見てくれをなんとかする話ではありません。

人間が人間であることの意味が問われる世界

経営にとって本当に大事なことを知りたい
そして、これからの時代に大切なことを理解し、経営に役立てていきたい。

  • 時代の中で最大ピークを迎えて過ぎ去るような会社ではなく、常に安定して、
    着実に成長し続けている会社は、どのように経営されているのか?
  • また、そんな日本を代表するような会社の経営者はどんな人物なのか?
    どうすればそんな経営ができるようになるのか?

例えあなたがいまは個人事業主だとしても、また、あなたの経営規模が理想に遠く及んでないとしても、こうした会社も、最初からそのような会社だったわけではありません。

これからのあなたの会社が、あなたの理想の会社になり、もっと言えば、あなたが不在でも、会社が安定して成長していく。

100年後の世界で、残っていて欲しい会社の姿。
また残る会社というのは、100年後も残るべき理由があります。

特に、これからのAI、ロボットが社会の中で大きな影響を与える社会では、私たちの仕事の多くが、AIやロボットに取って代わられる。そんな時代の中で、私たち人間は、どのように生きていくのか?そして、会社はどのように在ればいいのか?人々とどのような関わり、関係性を築いて行くのでしょうか?

そこには、人間が人間であることの意味が問われる世界になってくることでしょう。そのために、会社と私たち人間の新たな関係性が生まれてくるかもしれません。

「100年後も残って欲しい会社」とは、100年続く会社、100年後も残り続ける会社という意味ではなく、100年後も在り続けて欲しいと期待される会社であり、私たちの希望でもあります。そんな会社が残る未来であって欲しい。

では、そんな会社とはどんな会社でしょうか?

それが、始めにお伝えした、社員に愛される会社、顧客がファンになる会社、社員が積極的に会社に関わり、育てていく会社であり、人が中心、人をもっとも大切にする会社と言うことになります。

私たちは「100年後も残って欲しい会社」を次のように定義しています。

世界がどんな姿になっても、そこに人がいて、社会が構成される限り大切にしたいこと。大切にされるべき事を会社のスタンダードとして掲げる会社は、必ず人々に求められる会社です。それは

  • 1人が第一であること。
  • 2すべての人に、自己実現を目指すチャンスがあること。
  • 3人としての成長が得られる場であること。
  • 4イノベーションと適正な成長があること。
  • 5人や地域に貢献し、社会に役立つ存在であること。

どうでしょうか?
あなたの経営の理想と共感するものでしょうか?

100年続く会社。100年後も残る、そんな会社になっていくには、実際に、そんな会社の経営をよく知り、経営の深い本質を知り抜いている人に学ぶのが最も近道です。

これからの経営の要諦を知る

実は、私たちもまた、これまで私たち自身が、幾度となく経営につまづき、時に失敗し、苦悩を抱え、苦しんできました。

そんな中で、その大切なことに気づくまで、大きく回り道をすることを余儀なくされました。それもまたひとつの学びだったかも知れませんが、そんな体験を元に、私たちは経営が本当に大好きになりました。それは、経営が多くの人を幸せにし、私たち自身も幸せになる道だったからです。

そして、経営への探求は、さらに奥深く本質に近づく中で、人生そのものへの深い洞察と気づき、そこに気づいたからこそ、また、貴重な出会いがありました。

経営の要諦を知ることは、ある意味で、コロンブスの卵、どこでもドア、またはワープのように、知ってるのと知らないのとでは、全く苦労が異なります。

クルマがあるのに、わざわざ歩いて行く。それもまた人生ですが、みんなを幸せに、そして自分や家族が幸せになるために、ゆっくり歩いて行くこともないでしょう。また、歩いてはいけないけれど、ヘリコプターなら行ける場所があります。
宇宙に出るならなおさら、歩いてはいけないのです。

100年後も残って欲しいと願われる会社づくり

そんな、これからますます重要になってくる経営の要諦、本質的に大切な事を、もっともよく知り、実践する経営の先達に、直接学んでみたいと思いませんか?
100年後も残って欲しいと期待される会社になるためにこれからの会社、経営で大切な事を学ぶ2日間

『100年後も残って欲しい会社セミナー』

講師に、鎌倉投信株式会社・創業者で取締役の新井和宏氏、東証一部上場企業の株式会社アドバネクスの代表取締役/会長 加藤雄一氏を始め、リーダーシップにおけるマインドフルネスを日本にもたらした荻野淳也氏、このセミナーの主催者であり、経営と人生の本質を伝える松前兼一、他が登壇し、まさに膝をつき合わせるように、限定20人の少人数の合宿形式で行う、内容、深さ共に、非常に密度の濃い、心身に染み渡るようなセミナーです。

あなたのマインドセットを問い直し、あなたの本来の姿を見出し、これからの本質的なビジョンを描き出す。「100年後も残って欲しい会社」の定義への理解を深め、会社の姿をいかに、ここに近づけていくか。講義のみならず、様々なワークやディスカッション、コンサルテーションで、あなたの会社、経営の方向性を明確にしていきます。

鎌倉投信株式会社と言えば、いまや日本を代表する「いい会社にしか投資しない」、日本でもっとも優れた投資信託として評価されている会社なので、ご存じの方も多いと思います。

新井和宏は、鎌倉投信の創業者のひとりであり、ファンドマネージャーとして自社の投資信託「結い2101」のポートフォリオの投資先選定の中心人物で、本質経営の目利きです。いい会社とは何か、確たる定義を持って、その会社を見極める力。その集積が、日本でもっとも評価される投資信託としての成長を支えてきました。

新井氏の目から見たあなたの会社とは、どのように見えるのでしょうか?いい会社、評価される会社とあなたの会社の違いとは?これが見えるだけでも、次のステージへの大きな礎になりますが、それだけではなく、合宿では、それらをどのように改善し、本来の姿へと導いていくのか、同じようなテーマを抱えた参加経営者たちと共に、ワーク形式で考えます。

そして、もう一人。株式会社アドバネクス会長加藤雄一。アドバネクスを知らない方も多いかも知れませんが、日本を代表する世界的な精密バネ製造メーカーとして知る人ぞ知る超優良企業。日本国内で新潟、青森、埼玉など6県、アメリカ、ヨーロッパ、メキシコ、中国、タイ、ベトナム、インドネシアなど、海外8カ国15拠点に工場を展開しており、東証一部上場企業として、世界中にその名は知れ渡っています。

アドバネクスの精密バネは、世界中の工業製品にとってなくてはならない、高精度のバネを提供する、縁の下の力持ちとも言えます。最近では、アドバネクスが制作する精密バネ部品が、火星に向かうロケットの部品に採用されるなど、宇宙分野にも進出。大きな注目を集めています。そんな世界的な企業アドバネクスを今日までの世界企業に成長させ、育ててきたのが、現会長の加藤雄一氏です。

加藤氏の考える経営とは、企業の寿命を乗り越えて永続させる。そのためには、時代や経済環境とは関係のない、変えてはならない本質的な価値を明確に持つこと。そして、もうひとつは、変化に対応し、変化をつくる能力を経営者が持つ事だと説きます。

今回、加藤氏は、ご参加の経営者の皆さんと、いま、何をすべきか? 明確なビジョンを持って再出発できるように、気づきがある場を提供できるよう約束していただいています。

100年後も残って欲しい会社セミナーメイン講師/加藤雄一メッセージ

スマートでセンスのいい経営者の方ならもうお気づきだと思います。この機会、この価値を金額に換算するといくらになるでしょうか?それ以上に、新井氏、加藤氏と膝をつき合わせてお話できる機会。何かのパーティーや会合で挨拶する話ではありません。

あなた自身の経営を持ち寄り、あなたの質問が明確であればあるほど、それに対するお二方の解答もより明確になります。

日々、ご自身の経営に於いても非常に多忙な中、このためにお時間を割いていただきました。

このお二方に直接、あなたの経営についての質問ができるというのは、非常に価値があることはご理解いただけると思います。そして、それだけではありません。

なんと、このセミナーに参加いただいた方には、驚くべき事に、加藤氏が、あなたの会社の経営について、セミナー後も引き続きアドバイスいただけるということです。もちろん、それには、ある一定の常識的な線はありますが、可能な限りのサポートをいただけると言うことです。

これがどれほどの価値があるか、おわかりでしょうか?

  • 加藤氏とのグループコンサル

  • 新井氏とのグループコンサル

さて、加えて、まだまだ、この2日間セミナーには魅力があります。

この『100年後も残って欲しい会社セミナー』を主催する株式会社アイウイルビー代表取締役 松前兼一は、自身も、徳島で2,500名ものスタッフを抱える化粧品販売会社を経営。

業績はとても好調だったにも拘わらず、様々な要因が重なり経営権を手放すことに。
この自身の経営の失敗体験が、その後の人生や生き方を大きく変え、森のイスキア主宰の故佐藤初女先生、感性論哲学創始者・芳村思風先生との出会いから、『透明なあり方』という人生の理念を開眼。

日本の母性と日本の父性の邂逅とも言うべき、このお二人から、これからの時代の全人類が目指すべき在り方を学び、その人生体験から『100年後も残って欲しい会社セミナー』が生まれました。

こうした人生における深い体験を経て、喜びも苦しみも味わい尽くした松前が、本質的な経営を目指す経営者の皆様に、心を尽くして経営に、人生に成功していただきたい、魂のレベルで昇華していただきたい。そんな思いで、このセミナーを企画しています。

そして、このセミナーをサポートする陣容も素晴らしい布陣です。いまビジネスにおけるリーダーシップ開発や人材育成、組織開発において、大きな注目を集めているマインドフルネス。この大きな潮流、いや、時代の転換を生み出した人物、その人こそ、いまから5年前にシリコンバレーから始まり、注目され始めたマインドフルネスを日本のビジネスの世界に紹介したのが一般財団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート(MiLI)代表荻野淳也です。

荻野もこれまで数々の企業経営に参画し、経営幹部(会社役員)として、IPO=株式上場へ導き、こうした経営経験の中での人間として、人生として本当に大切なものは何かを見つめる機会を目の当たりにして、経営の本質とは何かを考え、現在の活動に繋がっています。

そして、会場となる湯河原の宿、ご縁の杜株式会社 代表取締役でリトリートの代表をつとめる深澤里奈子も、受け継いだ旅館経営と自身のビジョンを実現させるべく、心身のデトックスをさせながら、自然治癒力を高めていくビーガン料理、そして、天然掛け流しの温泉で、人間本来の本質的なエネルギーを高めていける場を創造したいという思いから、現在のご縁の杜を実現。参加される皆さんが持つ本来の力を引き出すサポートを行っていきます。

また、このセミナーのディレクターを務める 、人が輝く経営研究所 所長 近藤藤近(こんどうふじちか)は、日本の未来を創るための特別な場としてこの機会をクリエイトし、100年続く会社とはどのような会社か、そのエッセンスやレシピを提供。
さらにそれが進化し、持続していけるような場づくりを様々な視点からサポートして行きます。

なんとこのような陣容が、あなたをサポートする2日間
どうでしょうか?全身のエネルギーは元より、細胞が入れ替わって、2日間の終了後には、夢やビジョンを再確認し、あなたが、あなたらしい本質経営を実現していくための何らかの礎、もしくは、コンパスを手に入れることができるはずです。

これまで過去5回にわたって『100年後も残って欲しい会社セミナー』は行われてきました。
このセミナーのもうひとつの大きな価値は、素晴らしい経営者の仲間たちとの出会いです。

同じような思いや考え、高い意識を持って集まる経営者たちとこれまでの苦労を分かち合い、問題点や改善点が明確になり、ビジョンを共有していく中で、何者にも代えがたい貴重な仲間としての関係性、コミュニティが育っています。

たった2日間という短い時間ですが、非常に濃密で、骨身に染み渡り、あなたの経営人生を大きく変えるタイミングになることは間違いありません。

ぜひ、この機会に、第6期の『100年後も残って欲しい会社セミナー』にご参加ください。

定員は、20名の少人数制。すでに半数近く経営者の方からお申し込みをいただいています。
ぜひ、ご参加ください。

これまでにご参加者いただいた経営者の皆様全員から、参加してよかった感想をいただいている、私たちが自信を持ってお届けするセミナーです。

これまでのセミナーの参加者の声

私がこのセミナーに参加したのは、自分が経営者として何が足りていないのかを知りたかったからです。しかしこのセミナーは、自分にしか出来ない、経営者としての在り方をそれぞれに気がつかせて下さる内容だったのです。私は自分を、経営者として足りていないと決めつけて行動していたのですから、上手くいくはずがありませんね(笑)
私のしている幼児教育でもそうですが、子ども達に方法を教えても意味がありません。方法を教えると、いつまでも「こんな時はどうするの?」と聞いてきます。幼児教育で教えることはただ一つ、自分の思いを大切にすることのみ、つまり在り方なのです。
今回セミナーで私が受け取ったことは、経営者であった父が、幼い頃に私に繰り返しかけてくれていた言葉の中にありました。
「優子、あなたが大人になる頃には、女性が中心となる時代になるよ。誰が優れているか競うような時代ではなく、みんなの良い所を大切にし合って繋がっていく時代。君はそのリーダーになるんだよ。可愛い優子はお父さんの宝物だよ、そして社会の宝物だよ」と。
この事を思い出せたのは、講師の皆さまの経営者としての在り方を聞く事が出来たからです。講師の先生の言葉一つひとつには、ご自分のいのちを大切に喜びと共に過ごしている様子が肌で伝わってきて、理屈ではなく自分の細胞に響き渡った感じがしました。
是非、この感動体験を皆さまも味わってみてくださいね。

一般社団法人日本胎内記憶教育協会/副代表理事 土橋 優子さん

私が「100年後も残って欲しい会社プロジェクト」に参加しましましたのは、ご縁の連続の上の賜物でした。尊敬する新井さんに、来てみる?とおっしゃって頂き、しかも、場所は私の大好きな「ふかざわ」。
出席してみますと、学ぶこと大好き、実践すること大好き、経営大好きな人たちが集まっています。しかも、心が純粋でピカピカしているのです。百年続く会社を作りたいと願うとは、こんな純粋な思いなのからなのだと思えました。特に私は、人生と経営で大きな転機を迎えておりましたので、一つ一つの話が心に響きました。誰が講師で誰が受講者か解らなくなるくらい、あっという間に皆仲良くなり、本音で語り合いました。経営は優しいだけではダメ。単に業突く張りでもダメ。夢と希望と志があったら、次の高い山に登らなくては!たとえそれが見えないほど高い頂きであったとしても。
それが経営者を志した人間の宿命だから。
胸いっぱいの勇気と元気を頂き、さらに生涯の友を得られた、善き二日間を過ごしました。感謝でいっぱいです。

株式会社おとなの学校/代表取締役 大浦敬子さん

私は、代表世話人の松前兼一氏にお誘いいただき参加しました。これほどの著名な方々と一緒に、深澤里奈子社長が経営される湯河原の「ご縁の杜」での愛に溢れたお食事、そして萩野淳也氏のマインドフルネスを取り入れていただいた2日間は、幸せと感謝と希望を感じる贅沢な時間でした。
新井和宏社長のセミナーでの「経営で大切にしたいもの」と「倒産した時・追い込まれた時に守れるもの」の優先順位が同じであるという学びは衝撃的でした。私は「社員」をどんな時でも守り、100年続く会社を創りたいという意志を持つことができました。
また、社員の幸せを大切にされている加藤雄一会長は、私の「人生の師匠」となり、「理想の経営者像」が明確になりました。
最後に、松前代表とのご縁による「宇宙の計らい」の連続に、感謝の気持ちでいっぱいです。
このセミナーに参加できたこと、参加者の方々とのご縁をいただけたことに心から感謝し、社会に貢献できる会社創りをしていきます。

サクセスリンク株式会社/副社長 山田千鶴子さん

このセミナーのタイトルを見た時、これは受講しないといけないなと何となく湧いてきて受講することを決めました。現在、私は保育園と高齢者施設を経営しておりますが、その当時、それぞれの施設運営理念はあるものの、グループ全体の経営理念がなく、何か軸になるものがない感じで運営のしずらさを感じていました。その事を含め、三施設の施設長に受講を提案したところ、皆同じ事を感じていたとの事、すぐに申込ました。セミナーの内容、講師の方々が素晴らしい事はもちろんですが、経営者と管理者が一緒に受講し、共に探究することが私たちにはとても機能しました。受講後も数か月探究し、グループ理念が出来ました。その理念を基に経営計画書を創作していくと、職員主体で物事が動くようになり、毎年進化しゆく計画書を創ることが出来ているように感じています。
社会福祉施設は100年後も存在し続ける義務があります。その為にも今、これからも経営理念について探究し、経営者だけでなく職員全員が経営に関わる組織創りにシフトする事が出来て幸せです。ありがとうございました。

清水ひとみさん

新たな出逢いに本当に感謝です。素晴らしい講師の方々、そして参加者の皆さまとの交流の中で、様々な大切なことに気づかされました。
会社を経営していくことも生き方と同じ。仕組みやカタチがあっても、動かしていくのは人間(自分)だということ。魂とはすべてに宿っていることに気づけることで、自分の行いひとつで、良いカタチでエネルギーを回していけるということも確心しました。
“始めれば始まる” “やり続けていくこと=成功するまであきらめずにやる” 自分を幸せにしていくことで、社会の役に立てる仕事をしていきます。

Self代表 メイクアップアーティスター/梅原裕子さん

非常に内容の濃い講義を聞かせていただき、ありがとうございました。今回、勉強して持ち帰るひとつとして、経営は優先順位とバランス、運がいい人(感謝できる人)と運が悪い人(感謝できない人)、人によって使い分けてお話をする。
自分の直観を信じて行動する。何からでも学ぶ。自分を変える(変化に対応する)。1日1日瞑想します。本当に2日間ありがとうございました。

三成研機株式会社 取締役副社長/野田秀一さん

「私のレベルのような者が参加してもよいのか」そんなところから始まったのですが、本当に本当にすばらしいお話で、気付きがたくさんでした。経営という言葉から逃げてきた私が「おもしろい!知りたい!聞きたい!」という思いでいっぱいになり「私のように苦手な人にもわかるような、説明ができる人になろう」とまで考えられるようになりました!
 チャレンジしたいことがたくさん出てきて止まりません。すてきなご縁をずっと続けていきたいと心から思っております。ぜひ、たくさんの方に聞いてもらいたいセミナーです。

StudioFF 代表 佐賀在住 写真家/山口友香さん

2日間とても濃密な時間でした。経営者にとって必要なこと、シンプルだけど忘れがちなことをしっかりと胸に刻むことができました。また、マインドフルネスの実践などもでき、貴重な体験でした。そして、何より新たな出会いが、これからの日々の活動の楽しみとなりました。食事もとってもヘルシーで、デトックス要素もあるので、そういったことに興味ある方にもお勧めです。

(株)シーティーイー 代表取締役/藤田陽司さん

2日間、大変内容の濃い研修を受けさせていただき感謝の気持ちでいっぱいです。
経営者として日々悩んだり、迷ったり、いろいろな思いを抱きながら走り続けている自分にとって、同じ思いを抱える経営者の方々との研修内容も、今の時代に合わせた経営者としての考え方を勉強できること、普遍的でありながら新しい視点から学ぶことなど、得るものがとても多い内容でした。今後の自分の経営者としての自信につながると確信して実行していきます。

有限会社ワールドベーカリー取締役専務/恒松真由美さん

あっという間の2日間でした。気づき、納得の連続で、結果的に当初の参加目的を達成しました。あとは来週から行動に移すのみ。今回の気づきを忘れず、継続した努力を続け、まず共に働く(社員ひとり一人が幸せを実感できる、イキイキと活力のある強い組織作りを実践します。

大隆精機株式会社 代表取締役/山田隆治さん

◎決める(コミットする)、始めることの大切さ
◎他人じゃなくて、まず自分が変わること
◎自分の感性を信じること
感謝の気持ちを忘れず、本日宣言したことを実行します。
ビーガン料理も大変おいしくて、身体が喜んでいるのを感じられました。

サンゲン株式会社 代表取締役/安藤徹哉さん

必然のタイミングでの参加、本当に感謝いたします。気づき、学び、再現できるよう強い思いを持って成功するまでやり続けます。
地域・社会に必要とされ、スタッフもやりがいが持てる会社作りに徹していきます。
現場ではお客様目線で、シンプルに、初心に戻りお客様からヒントがいただけるよう行動します。2日間本当にありがとうございました。参加して良かったです。

スタジオ・ヨガの華(株)代表/竹内華奈子さん

今回のセミナー参加は非常に実り多いものでした。「良い学童」を維持できると思っていましたが、時代の流れは厳しい状況でした。不安と憤りの中「ピンチはチャンス」である事を再認識しました。抽象的だった理念と具体化し、まずは自身の土壌を整える必要がある事に気付きました。心から感謝いたします。この日から新たなスタートが切れました。

のびのび学童保育所 主任指導員/西川真生さん

内容が盛りだくさんで、あっという間の2日間でした。加藤氏のような大企業の経営者が、末端の社員のことまで考えているということに驚いたし、そんな企業で働けている社員は、本当にうらやましいと感じました。
社員に関心を持つことの大切さは、きっとどこの企業の経営者も頭では理解しているが、できていないのが実情と思うので、ぜひ大企業の経営者にも参加してもらえるようなことを願います。
カズさんのお話を聞いて、世の中には素晴らしい転職したくなるような企業があり、経営者がたくさんいることも知りました。

市来 聡さん

2日間という短い時間に、たくさんの経営、生き方のヒントをぎゅっと詰めた素晴らしいセミナーでした。
お話の内容も、講師の方から伝わる全てが心に響きました。参加された方々の想いに触れられたこともとても有意義でした。今回の気づきや決心を行動に移し、100年後に残したいと思ってもらえる会社を作っていきます。ありがとうございました!

アロマール代表 ピーチスノウ協会本部講師/藤本優佳さん

100年後も残って欲しい会社セミナー8つの魅力

  • 100年後も残って欲しいと期待される、これからの会社づくりの要諦が学べる。01
  • 東証一部上場優良企業のトップ・加藤氏から直接経営の奥義を学べる。02
  • いまもっとも注目される投資会社、鎌倉投信の取締役で、投資信託「結い2101」の投資先選定の中心人物であり、本質経営の目利きである新井氏から、いい会社の条件を直接学べる。03
  • それぞれに専門的スキルを持ち、様々な企業のアドバイスやサポートを行い、日本でも高い注目を浴びているプロフェッショナルからアドバイスがもらえる。04
  • 意識の高い、同じような思いを共有できる経営者が集まり、一緒に学ぶ中で、ワークなどを通じて互いに磨きあえる。05
  • 1泊2日の合宿形式で行われるためじっくり自分と向き合い、自分の思いや考えを時間をかけて見つめ、まとめることができる。06
  • リトリート施設は、名湯 湯河原の掛け流し温泉、食事も特別に調理された自然治癒力を高めるビーガン料理で、心身共にデトックス&リフレッシュしシフトできる。07
  • 参加者には、アドバネクス会長・加藤氏による経営などの相談が、セミナー修了後も継続的にできる永久保証付き。(相談は加藤氏のスケジュールによります)08

講師紹介

株式会社アドバネクス 会長加藤 雄一

「明確なビジョンと気づきの場」 企業には、寿命があり、それを乗り越えて永続させるには、2つのポイントがあると思います。1つは、時代や経済環境と関係のない、変えてはならない本質的価値を明確に持つこと。もう1つは、変化に対応し、変化をつくる能力を経営者が持つということだと思います。そのために、今何をすべきかを皆さんと一緒に考えて、明確なビジョンを持って再出発できるような気づきのある場をお約束致します。

加藤 雄一(かとう ゆういち)株式会社アドバネクス 代表取締役会長 1950年生まれ、東京都出身。
立教大学経済学部卒業後、精密ばねの最大手・株式会社加藤スプリング製作所入社。入社と同時に海外派遣社員第1号として米国現地法人に赴任。その後、シンガポール・米・英・タイ・マレーシアに拠点を立ち上げ、37歳で代表取締役社長に就任。現在、東証一部上場企業「株式会社アドバネクス」代表取締役会長兼社長。同社から独立させた「ストロベリーコーポレーション」は携帯電話などに使われるヒンジユニットが世界トップシェアとなり、JASDAQ市場への株式上場を果たす。

著書:
『オプションマネジメント』等
その他:
日本ばね工業会理事・経団連理事
関東ニュービジネス協議会副会長など歴任。

鎌倉投信株式会社 創業者/取締役新井 和宏

「いい会社をつくるための真髄」100年後には、あなたはいません。
残るものは、自分の思いであり、想いであり、理念だけです。これまで永続してきている会社経営の共通点を洗い出し、これから必要とされる会社の共通項をまとめあげ、真に社会から必要とされる会社の真髄をお伝えしたいと思います。

新井 和宏(あらい かずひろ)鎌倉投信 株式会社 取締役 資産運用部長
NPO法人「いい会社をつくりましょう」理事
1968年生まれ。東京理科大学工学部卒。1992年、住友信託銀行に入社。2000年、外資系大手資産運用会社に入社し、ファンドマネージャーとして数兆の運用実績がある。2007年〜2008年、大病とリーマンショックをきっかけに、これまでの投資、金融市場のあり方に疑問を抱き、2008年11月、4人の同志と鎌倉投信(株)を創業。2010年3月より運用責任者として運用を開始した「結い2101」は、経済的な指標だけではなく社会性も重視し投資先を選定しながら、2013年には、格付投資情報センター(R&I)でも最優秀ファンド賞を獲得。個人投資家も16,500人以上、純資産総額は248億円超となり、実績と人気を兼ね備える投資信託へと成長。NHK「プロフェッショナル〜仕事の流儀〜」等に出演。

著書:
『投資は「きれいごと」で成功する』
(ダイアモンド社)
『持続可能な資本主義』
(ディスカバー)他

一般社団法人マインドフルリーダーシップ
インスティテュート 代表理事
荻野 淳也

これから100年、社会や経済の環境は変わり続けるでしょう。企業は、その環境に合わせ、どのように事業を継続して価値をだし続けるか、やり方を変え続ける必要があります。しかし、重要なのはやり方ではなく、在り方。何のために事業を行うのかという在り方、存在意義が永続する企業の企業文化を醸成するのです。この2日間は、企業として、そして、リーダーとしての在り方を探求する貴重な時間となるでしょう。ご一緒できることを楽しみにしています。

荻野 淳也(おぎの じゅんや) 一般社団法人マインドフルリーダーシップインスティテュート代表理事
株式会社ライフスタイルプロデュース代表取締役
Googleで生まれた脳科学とマインドフルネスの能力開発メソッド「SEARCH INSIDE YOURSELF」の認定講師であり、日本でSIYプログラムを初めて開催。リーダーシップ開発、組織開発の分野で、上場企業からベンチャー企業までを対象に、コンサルティング、エグゼクティブコーチングに従事。外資系コンサルティング会社勤務後、スタートアップ企業のIPO担当や取締役を経て、現職。マインドフルネスメソッドやホールシステムアプローチ、ストーリーテリングなどの手法を用い、組織リーダーの変容を支援し、会社や社会の変革を図っている。

関連書籍:

『世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方 ハーバード、Google、Facebookが取りくむマインドフルネス入門』(共著、日本能率協会マネジメントセンター)
『サーチ・インサイド・ユアセルフ』(監訳、英治出版)
『マインドフル・リーダー 心が覚醒するトップ企業の習慣』(監訳、SBクリエイティブ)
『スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック』(解説、プレジデント社)
『たった一呼吸から幸せになるマインドフルネス〜JOY ON DEMAND(ジョイオンデマンド)』
(監訳、NHK出版)
『マンガでわかるグーグルのマインドフルネス革命』(制作協力、サンガ出版)

100 年後も残ってほしい会社
プロジェクト 代表世話人
松前 兼一

100年後私たちはいません。残るのは歩んだ生き様と在り方そして経営理念のみです。私たちの孫たちがよくぞこんな素晴らしい会社を残してくれたと歓喜する、そんな夢ある経営者に呼びかけます。「100年後も残って欲しい会社プロジェクト」は全国250社の経営者を募集します。会社の大小を問いません。会社の歴史の長さも問いません。志のみ持参ください。
共に勇気ある一歩を踏み出しましょう。

松前 兼一(まつまえ けんいち)株式会社アイウィルビー 代表取締役、東京総合医学研究所 代表
思風会 副代表理事 東京思風塾 世話人、一般社団法人日本ピーチスノウ協会常務理事 ステージⅢ本部講師
昭和27年11月11日生。23才で化粧品販売会社を創業。「いつの時代を迎えても今こそ華と言い切れる女性つくり」の理念の下、シェアNO1企業に育て上げる。46才創業会社を手放す挫折を味わい師の導きで上京。一から人生をやり直す。波乱に富む人生の傍ら、長年に渡り感性論哲学芳村思風先生や日本BE研究所行徳哲男先生に師事するほか、森のイスキアの佐藤初女先生を実母のように慕い、透明な在り方を学んできた。また精神世界にも傾倒し、禅老師土野先生から「ただ在る」真我禅を指導いただき、人間学を深める。両親のガンによる死をキッカケに40年に渡り健康事業に携わり、土橋重隆医師の協力を得てがん患者にセカンドオピニオンを提供すると共に、胎内記憶研究の池川明医師の「愛の子育て塾」を主催するなど人間の生と死に向き合っている。また、心と身体の両面から「透明感」と「存在感」共にある在り方を「透明な在り方」と名付け、新しい人間の在り方を提案している。また、健康事業の一環として、身体の透明感と存在感を高める次世代型サプリメントを製造販売している。2015春、佐藤初女先生の在り方を著した著書「限りなく透明に凜として生きる」をプロデユース。2014年より(社)ピーチスノウ協会常務理事 同資格認定研修ステージⅢ本部講師 「兼ちゃん先生のしあわせ講座」「100年後も残って欲しい会社セミナー」「愛の子育て塾」「阿波忌部の聖地を巡る女神ツアー」「土野先生の禅瞑想合宿」等を主催する。

ご縁の杜 株式会社
代表取締役 &女将
深澤 里奈子

身体のデトックスをさせながら、自然治癒力をあげていくビーガン料理と天然掛流しの温泉、日の出ツアーなど、人間の本質的なエネルギーを高める場でリラックスしながら学びを深めていただけたら嬉しいです。参加者の皆さんの自分の中に眠る本来のチカラを発見していただける場をご用意してお待ちしております。

深澤 里奈子 (ふかざわ りなこ)ご縁の杜 株式会社 代表取締役/女将
100年セミナーの会場である ご縁の杜。1950年より創業67年の老舗料亭旅館を2年前に大変革。3代目 女将であった深澤が自分の中を内観した時に出てきた答えは「本当の自分を生ききる」ということ。継承した旅館の枠を超え自分の使命を志事に表現した。「本来の自分に還る場」をコンセプトに、人生に変化が起こる宿として 多くの人が訪れる場になっている。エネルギー料理や日の出ツアー、講座開催など' 気づき'が湧く仕組がたくさん用意されている。

人が輝く経営研究所 所長近藤 藤近

このセミナーは、日本の未来を創るための特別なセミナーです。お料理で例えると、100年続いてほしいと思われる会社の「エッセンス」と「レシピ」を2日間で、お伝えするだけではなく、その後も、100年続く創作料理が持続、進化して行けるような場づくりを様々な視点からサポート致します。

近藤 藤近(こんどう ふじちか)経営者のヴィジョン実現をサポートする経営コンサルタント。 22年間、会計事務所にて事業計画策定やISO認証など数値やシステム構築から経営者をサポート。サポート先は全国400社を超え、一般企業から医療機関まで多岐にわたる。特に歯科医院との関わりは深く、メーカーや関連企業にて開業セミナー等を担当し、好評を博す。2010年には歯科から夢を発信する「歯科医院ドリームプランプレゼンテーション(通称:歯科ドリプラ)」東京・名古屋にて実行委員長を務め、その後の各地の歯科ドリプラ開催を支援している。

日程・会場

開 催 76日(金)・7日(土)〈1泊2日合宿形式〉
6日:受付10時から 開始11時
7日:終了15時
主 催 株式会社アイウィルビー
定 員 20名
参加費 150,000円(税込)
※受講費・昼食2食・懇親会費・特別テキスト代含む
会 場 湯河原リトリート「ご縁の杜」
〒259-0303 神奈川県足柄下郡湯河原町土肥5-4-6
TEL 0465-64-0150
JR湯河原駅徒歩5分MAP>

ココロとカラダが整う宿湯河原リトリート ご縁の杜 - Goen no Mori -

「本来の自分に還る きっかけの場になる」場所。

創物質的な豊かさに向かって猛スピードで駆け抜けてきた時代。大切な何かをちょっと忘れかけている現代人。
ちょっと立ち止まって精神的な豊かさ=生きている幸せを感じてみてはいかがでしょうか?

心と体を整える旅。体をつくっているのは「想い方と食べ物」。
掛け流しの天然温泉で体を芯からリラックスさせて、想いの本質を紐解けば、心を体がゆるんでくる。
そして、食べ方への感覚をちょいと変えてみると、体は正直になってくれます。

卵・乳製品・お肉・お魚を使わない“カラダを整える料理”(ビーガン料理)で
満足感を感じつつ、体内のデトックスも行われます。

ご縁の杜は、そんな心と体を整えるリトリートを提供してくれます。