幸福とは何か

4325E62584258F25E525BF259725E3258125A825E62584259B25E3258125AE25E32583258925E3258325A925E32583259E 1 - 幸福とは何か

幸福とは何か

4325E62584258F25E525BF259725E3258125A825E62584259B25E3258125AE25E32583258925E3258325A925E32583259E - 幸福とは何か

芳村思風一語一会 vol.3603
☆☆☆☆☆
「幸福とは何か」 
☆☆☆☆☆
~人生は意志と愛のドラマ~

幸福について、人生についてのお話です。
幸福という心情は、感性から湧き上がる命の満足感です。
命は、肉体と感性(心)と理性からできています。
肉体という要素を満足させるためには、物質的豊かさと金銭的豊かさと
身体の健康が大切になります。

心を満足させるためには、
愛する人から愛される人間関係や五感における快感や感動・
感謝・尊敬・歓喜・笑いが必要で、それが幸せの実感を生みます。

理性を満たすとは、計画がすべて思い通りの結果を生んで、
仕事が順調にはかどり、能力が社会的に評価され、認められるということです。

このように命を満足感で満たすことができれば、命から幸福感が湧き上がってきます。

もうひとつの幸福の原理は、命の目的を実現すれば、
命は満たされ喜んで、幸福を感じます。

生命の目的は、生物学的には2つあります。
自己保存と種族保存です。

すべての生命の目的は、この2つの目的を実現するために生きていると言われます。
この2つの目的は、具体的には「欲求」として命から湧いてくるものです。
命から湧いてくる欲求を実現すると、命は喜んで幸福を感じるのです。
人間においては、生命の目的は人間的な現れ方をします。

自己保存の欲求は、「意志」となり、
種族保存の欲求は「愛」となって現れます。

だから人間における人生の目的は、「意志と愛」であると言えるのです。

人間は意志を実現し、愛を実現することによって、その命は満たされ幸福を感じるのです。
人生とは、意志と愛のドラマなのです。

意志を実現することは、自己を実現することであり、仕事において成功すること。
愛を実現するとは、素晴らしい人間関係をたくさん作ること。

人間が人生において幸福を手に入れるためには、
仕事において成功することと素晴らしい人間関係を
たくさんつくる努力をしなければならないのです。
これは車の両輪であって、どちらが欠けても、ほんとうの幸福の実感は湧いてきません。

近代では、あまりにも理性的に意志の力だけを重要視してきたために、
仕事では成功しても
幸せではない、ということが多くあります。

仕事において成功するためには、人の役に立つことを考えないといけないし、
人に喜んでもらえるような仕事の仕方をしなければいけません。
仕事は、相手の欲求に応えて、相手の欲求を満たし、
相手の命を喜ばせ、相手を幸福にし、
相手に幸福を感じさせるためにするのです。
その結果として、自分は仕事に成功して自分も幸福になれるのです。
素晴らしい人間関係をつくる愛の実力は、相手の命を生かし、相手の心を満たし、
相手に愛を与えて幸福を感じさせることで、自分も幸福になるという力です。
結果的には、自分が幸福になるためには、まず周りの人を幸福にする努力をし、
その努力によって、自分が成長して自分も幸福になれるのです。

意志なき愛は、人間を堕落させる。
愛なき意志は、人を傷つけることなしには、その目的を達成しえない。

「風の思い」より

やさしい笑顔と光がすべての方に届きますように・・

※「風の思い」1,000円 + 税 + 送料

●芳村思風先生の勉強会
・4月17日(水)名古屋思風塾
18:00~20:00 WINCあいち
参加費:2,000円

・5月15日(水)大阪思風塾
18:30~20:30 心斎橋
参加費:5,000円

※お問合せは・・・
思風庵哲学研究所
Source: 芳村思風 感性論哲学の世界
4325E62584258F25E525BF259725E3258125A825E62584259B25E3258125AE25E32583258925E3258325A925E32583259E 1 - 幸福とは何か

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

 

芳村思風×渡邊智恵子 対談① 【22世紀に残すもの】2016年1月10日放送

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。