行徳先生からのメッセージ(最新の講演から)

行徳先生からのメッセージ(最新の講演から)

今こそ、野生を取り戻す。
『我々は、与えられた平和に慣れてしまって飼い慣らされた鴨になってはいないか。 』 野鴨の哲学は改めて現代に新たな問いを与えてくれているのではないでしょうか。
「目の前の安住、安楽に慣れることは、自らを破滅に導くことになりかねない。平和を貪ることは、犯罪ではないが明らかな罪であり、今こそ野生を取り戻す時である。それが実存主義という哲学である。」と陽明学の大家である行徳哲男先生は説いています。

今年2月に開催しました100年咲CASの講演にて

行徳先生から混沌とした時代を生き抜くヒントを語って頂きました。
人間深い傷が無ければ本物ではない
絶望した人間でも生きる資格がある

 

 

PAGE TOP