池川明先生、愛の子育て塾5期生第2講座開催

愛の子育て塾5期生

2015年7月9日 池川明先生、愛の子育て塾5期生第2講座開催致しました。

出産時のお母さんが幸せだと子供の精神発達や運動発達がいい。

という事でお母さんの出産時に幸せを感じているとその後の子供の発達もいい、その為に私たちがやれる事はお母さんが幸せを感じるお産の環境を用意する事、それが子供の発達に影響する。

また、神経発達、運動発達など子供の成長に関しては環境が重要だという事で、遺伝子と環境についての解説も頂きました。

遺伝子はアミノ酸配列をつくりたんぱく質を作る。
たんぱく質は何かというとホルモン。
ホルモンは人間の体にわかっているだけで10万種類あるといわれ、遺伝子で規定されているホルモンは20%程度で残りの80%は細胞の液体の中で作られるといわれていて
それは環境で作られると言われている。
その環境はいつかとなると

「受精した瞬間から」

受精した瞬間の卵の瞬間から環境の影響を受け続ける。
それが正しいとすると
環境をいかにコントロールしていくかが大切

次に子供の教育について

1秒間に1000万ビットの処理能力を赤ちゃんは持っている。
身の回りに4000億ビットの情報があり、通常は1000から2000ビット程度しか処理出来ない。

子供は1000万ビット処理出来る、その思考を2000ビットしか処理出来ない大人に伝えるのは難しい。
こんな世界があるのだ!という大人が子供の世界を理解するのが
子供が合図やニコニコした笑顔で伝えている。
そうして子供は情報をやり取りしていて、それを子供の勉強の事例としてお伝え頂きました。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう