安房神社の由緒には、
『安房神社の創始は、今から2670年以上も前に遡り、神武天皇が初代の天皇として御即位になられた皇紀元年(西暦紀元前 660年)と伝えられております。神武天皇の御命令を受けられた天富命(下の宮御祭神)は、肥沃な土地を求められ、最初は阿波国(現徳島県)に上陸、そこ に麻や穀(カジ=紙などの原料)を植えられ、開拓を進められました。その後、天富命御一行は更に肥沃な土地を求めて、阿波国に住む忌部氏の一部を引き連れて海路黒潮に乗り、房総半島南端に上陸され、ここにも麻や穀を植えられました。この時、天富命は上陸地である布良浜の男神山・女神山という二つの山に、御自身の御先祖にあたる天太玉命と天比理刀咩命をお祭りされており、これが現在の安房神社の起源となります。
■ 奈良時代
時代が下り養老元年(717年)になると、吾谷山(あづちやま)の麓である現在の場所に安房神社が遷座され、それに伴い、天富命と天忍日命をお祭りする「下の宮」の社殿も併せて造営されました。
■ 平安時代
平安時代には、『延喜式』の「神名帳」に記載された式内社(しきないしゃ)となり、その中でも特に霊験著しい名神大社(みょうじんたいしゃ)として、国家から手厚い祭祀を受けておりました。またこの時代には、「安房国一之宮」としても、広く一般庶民からの崇敬も集めています。因みに現在においても、安房国の一之宮で有ることには変りありません。
■ 近代・現代
明治時代になると、新たな社格制度が制定され、当社は「官幣大社」(かんぺいたいしゃ)という最高位の社格を賜り、 昭和20年の大東亜戦争(太平洋戦争)終結まで、国家の管理下に置かれることとなっていました。 しかし終戦時に、GHQによる「神道指令」によって、当社を含め、それまでの社格制度は全て廃止されてしまいます。昭和21年には、戦後発足した神社本庁 (じんじゃほんちょう=全国の大多数の神社を包括する団体)によって、神社の由緒や活動状況を考慮して、特に優れたお宮に定められる別表神社(べっぴょうじんじゃ)の指定を受けることとなりました。それ以降、氏子の皆様は勿論のこと、日本全国の多くの崇敬者の皆様に支えられて、現在に至っております。 』と書かれている。では、安房神社の主祭神・ 天太玉命(あめのふとだまのみこと)という神はどういう神であろうか?
出自は『記紀』には書かれていないが、『古語拾遺』などでは高皇産霊尊(たかみむすび)の子と記されている。岩戸隠れの際、思兼神が考えた天照大神を岩戸から出すための策で良いかどうかを占うため、天児屋命とともに太占(ふとまに)を行った。 そして、八尺瓊勾玉や八咫鏡などを下げた天の香山の五百箇真賢木(いおつまさかき)を捧げ持ち、アマテラスが岩戸から顔をのぞかせると、アメノコヤネとともにその前に鏡を差し出した。天孫降臨の際には、瓊瓊杵尊に従って天降るよう命じられ、五伴緒の一人として随伴
した。『日本書紀』の一書では、アメノコヤネと共にアマテラスを祀る神殿(伊勢神宮)の守護神になるよう命じられたとも書かれている。太玉命(ふとだまのみこと)の孫に天富命 (あめのとみのみこと)という人がいる。その天富命 (あめのとみのみこと)は、神武天皇のため橿原(かしはら)の御殿をつくったと言わ
れているが、 神武天皇の御代に、神武天皇の御命令を受けられ、大和朝廷の勢力拡大のため、最初は阿波国(現徳島県)に移り住んだ。その後、やはり神武天皇の命により、安房に移住して、麻や穀(カジ=紙などの原料)を植えられ、開拓を進められた。つまり、 天太玉命(あめのふとだまのみこと)は、安房開拓の神・天富命 (あめのとみのみこと)の祖父なのである。安房神社の主祭神・ 天太玉命(あめのふとだまのみこと)は安房とは直接の関係はなく、実際に安房の国を開拓したのはその孫・天富命 (あめのとみのみこと)である。

 

では、ここらで房総半島の古代の歴史を少しお話しておきたい。房総半島が大和朝廷の勢 力下におかれるのは、 天富命 (あめのとみのみこと)の力によるところが大きい。で は、房総半島が大和朝廷の勢力下におかれるまでの歴史を概観しておきたいのだ。 天富 命 (あめのとみのみこと)を理解するための参考にしてもらいたい。

 

房総の最初の住人は、約3万数千年前の旧石器時代の人々だと言われている。 千葉県の旧石器時代の人々は、古鬼怒川沿いに石器の原材料を求め北は高原山から南は房 総半島の嶺岡山地の間約200km以上にも及ぶ長い領域の間を移動しながら生活を営み、主 な狩場である常総台地ではナウマンゾウやオオツノシカなどを食料にした狩猟生活を営ん でいたと考えられている。そのため、狩猟に使用するための石器などを使用した道具が進 化した。石器は、黒曜石やサヌカイトを使用したものが著名で、千葉県最初の旧石器時代 の黒曜石は、市川市国府台にある立川ローム層等から発見された。千葉県には、石器の原 料となる産地が乏しく、高原山や甲信地方の中央高地などから運ばれたと考えられてい る。千葉県の旧石器時代の遺跡は、300数十箇所ほど発見されており、県北部の台地に多 い。 縄文時代の遺跡としては、貝塚がよく知られている。縄文時代の貝塚は日本各地に約2300 か所[28]を数え、関東地方には、約1000か所が集中している。特に東京湾周辺は、貝塚の 宝庫と呼ばれ、約600か所が密集しており、千葉県の東京湾域、利根川流域の台地には644 か所ほどの遺跡が見られる。千葉市にある加曽利貝塚が有名で、千葉市若葉区の台地に は、加曽利貝塚博物館が建っており、発掘品のほか、野外施設で貝の堆積状態を観察する ことができる。また、縄文遺跡の落合遺跡(東京大学検見川総合運動場)から発掘された ハスの実は発芽に成功し、大賀ハス(古代ハス)と呼ばれ、世界中に株分けされた。 弥生時代、農耕社会に入ると、『ムラ』の形態が変化し、これまでの採集経済に代わり、 生産経済が展開されていく。この過程の中で環濠集落が出現するが、千葉県では1979年 (昭和54年)から行われた佐倉市の六崎大崎台遺跡の発掘で発見されている。遺跡は台地 にあり、周辺の低地には、水田が広がり、そこでは技術的に完成された農業が営まれてい たと推測されている。 弥生時代末期になると六崎大崎台遺跡の 環濠は消滅し、ムラの景観が一変する。台地の 北に大型住居を伴ったムラが作られ、南には墳墓を有する大型の方形周溝墓が作られた。 こうした変化は、墓がム ラの共通空間として認識されるようになったこと示唆している。 ムラの首長のあり方が変化し、地方豪族が誕生、社会変動の過程で新たな墓が出現するよ うにな り、古墳時代に至る。

 

古墳時代の房総半島は、「䔎国」(ふさのくに。古くは䔎=麻がよく育ったことに由来、 「総」は後世の当て字)と呼ばれた。『古語拾遺』によると、天富命が阿波(徳島県)か ら黒潮に乗って渡来、麻を栽培して成功したのが䔎国(ふさのくに)で、忌部(斎部)の 一部の居住地には、阿波の名を取って安房としたのが起源だとされる。 『記紀』神話では、日本武尊の説話が起源とされているが、元々は当地の神話であった物 を取り込んだ可能性がある。安房国造の任命に際しては、出雲国造、紀国造とともに特別 の任官方式が取られ、忌部氏の氏神とされる安房大神(安房神社)は、8世紀前半まで は、東国では鹿島神に次ぐ扱いで、香取神を上回っていたとされる。 また、『常陸国風土記』によれば、阿波忌部氏に続き、多氏が上総国に上陸、開拓を行い ながら常陸国に勢力を伸ばし、氏神として鹿島神宮を建立したとされる。8世紀の頃のこ とである。『常陸国風土記』の記述は正しい。その辺の事情は、私の書いたものがあるの で、それをここに紹介しておく。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!

RSS 明石麻里先生のブログ

2014年秋の祝祭の旅 みんなで阿波の歌

 

2014年秋の祝祭の旅チャッキリ即興演奏前半

祝祭アーティスト:チャッキリ(茶喜利・即興アーティスト)の天磐戸神社での演奏

 

2014年秋の祝祭の旅チャッキリ即興演奏後半

Translate »