麻植は,阿波忌部の根拠地といっていい。
 麻殖の地名について,最も古い事例は,正倉院御物の「墨書名」「阿波国麻殖郡川島郷少楮里戸主忌部為麻呂」(732年)だろう。「古語拾遺」(807年)にも「麻殖」と出てくる。忌部が穀・麻の種を植え,大嘗祭に荒妙(あらたえ)を貢進するため「郡の名を麻殖とする」とある。
 平安中期の漢和辞書「和名類聚抄(和名抄)」(934年ごろ)では,阿波国麻殖郡の中の郷名として「呉島,忌部,川島,射立」の四郷を挙げていて,麻植と忌部とは深いかかわりがあることを容易に想像できる。
 吉野川市山川町には忌部神社が鎮座しているほか,同市内には縄文,弥生,古墳の各時代の遺跡と遺物が多く,銅鐸が出土している点からみても,麻植が忌部の根拠地であったことを裏付けると考えられる。
 銅鐸と忌部の関係では,忌部と関係がある大麻比古を祭神とする鳴門市大麻町の阿波一の宮・大麻比古神社の近くから銅鐸が出土しており,香川県西部にある大麻山の付近からも銅鐸が出土していて,忌部と銅鐸は何らかの関係があるとみるのが自然だろう。忌部は大嘗祭など朝廷の祭祀に携わり,銅鐸も祭祀に使われていたとされているからだ。
 さらに銅山と忌部も関係があるのではないか。麻植では高越鉱山,川田山の銅山が知られている。「射立郷」は,武器の楯(たて)を造っていた地名に由来すると推測できないだろうか。
 麻植について,「殖」の文字が「植」に変わった時代は詳らかではない。また、読み方について,なぜ「あさうえ」と読まずに「おえ」と読むのかは定かでない。阿波忌部がはるばる海を渡って開拓した安房(千葉)では,植えることを「おえる」と言うらしいから関係があるのかどうか。
 古語拾遺には「古語に,麻を総(ふさ)という」との記述があるが,「おえ」とは直接結びつかない。麻植の読み方が全国の難読地名の一つに挙げられる所以だろう。
 徳島県内では,麻植郡は吉野川市(旧鴨島,川島,山川の各町,美郷村)と美馬市木屋平(旧木屋平村)を指していた。現在,市町村合併によって由緒ある麻植郡の地名は消えたものの,一部では残っている。大字小字を含めて麻植塚,西麻植,麻植市だ。これらは麻植が忌部の根拠地であったことを示す貴重な文字遺産といえる。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!

RSS 明石麻里先生のブログ

2014年秋の祝祭の旅 みんなで阿波の歌

 

2014年秋の祝祭の旅チャッキリ即興演奏前半

祝祭アーティスト:チャッキリ(茶喜利・即興アーティスト)の天磐戸神社での演奏

 

2014年秋の祝祭の旅チャッキリ即興演奏後半