老化・病気のメカニズム

老化・病気

避けられない活性酸素

私たちは酸素を吸って二酸化酸素を吐いて呼吸をしています。
ところが、吸った酸素の中から「活性酸素」という大変毒性の強い物質が生み出されてしまいます。 
活性酸素

この「活性酸素」が私たちの体を傷つけ、たるみ・しみ・しわなどの老化をはじめ、ガンや心筋梗塞、脳卒中、高血圧、動脈硬化や糖尿病などの成人病の原因になると言われています(病気の約90%が活性酸素によるものといわれ、人体に与える弊害は200種類といわれています)。

しかし、酸素を吸って生きていく私たち人間にとって、活性酸素の害を避けることはできないと言えます。 (呼吸しているだけで、2%が活性酸素になると言われています)。では、なぜ?!このように体の害となるものが発生するのでしょうか。

殺菌や解毒

活性酸素の働き

実は活性酸素は私たちの体の中で重要な役割を果たしており、生きていくうえでなくてはならないものです。大きな役割のひとつが殺菌や解毒の働きです。細菌やウィルスが体の中に侵入してくると、病原体を殺そうとして、白血球の仲間などが集まってきて戦いますが、そのとき、武器になるのが活性酸素です。私たちの体は活性酸素がなければ、細菌やウィルスにやられ病気になってしまいます。しかし、活性酸素が大量に発生すると細菌やウィルスを殺すだけでなく、「正常な細胞・組織・遺伝子まで傷つけてしまう」ということなのです。

なぜ問題視されるのでしょう?

とはいえ、活性酸素は昔から体の中で当たり前に発生していたものです。ではなぜ、今活性酸素が問題だと言われるのでしょうか?それは身近な環境の悪化によって、活性酸素の発生が昔とは比べ物にならないほど増えていると言えるからです。

身近な環境の悪化

活性酸素増加の原因=身近な環境の悪化

1.ストレスの増加 2.食品中の食品添加物 3.野菜、果物に使用される農薬 4.魚や肉に使用される抗菌物質 5.排気ガスやダイオキシンなどの環境汚染物質 6.紫外線(オゾン層破壊による悪化) 7.放射能、X線、電磁波