還元機能素材について

還元機能素材って?①

還元機能素材・励起状態水素の開発

 

世界中で知られている奇跡の泉に「ドイツのノルデナウの泉」「フランスのルルドの泉」「メキシコのトラコテの泉」「世界一の長寿の村北パキスタンのフンザ王国の水」等があります。これらの水は共通してさまざまな病気を治癒し、還元作用が高いとされ、古くから脚光を浴びています。世界中の学者によって、これらの奇跡の泉に共通して励起状態にある水素が溶存して含有していること、それらが体内の活性酸素を除去する力を持つことに注目し、この奇跡の泉の水を、「いつでも大量に摂取できる方法はないか」と長年研究されてきました。イメージ:泉

 

世界中で知られている奇跡の泉に「ドイツのノルデナウの泉」「フランスのルルドの泉」「メキシコのトラコテの泉」「世界一の長寿の村北パキスタンのフンザ王国の水」等があります。これらの水は共通してさまざまな病気を治癒し、還元作用が高いとされ、古くから脚光を浴びています。世界中の学者によって、これらの奇跡の泉に共通して励起状態にある水素が溶存して含有していること、それらが体内の活性酸素を除去する力を持つことに注目し、この奇跡の泉の水を、「いつでも大量に摂取できる方法はないか」と長年研究されてきました。

イメージ:イーパウダーそして、2002年に、専門分野が異なる11名の医師で構成された国内研究チームが世界で初めてその開発に成功しました。 その後さらに研究開発を重ね、大量の自由電子を放つ励起状態水素を完成させ還元機能素材が完成しました。製造の特殊技術は非公開のため、日本を代表する大手食品・飲料メーカー他多数、独占契約・取り扱いの引き合いが来ています。

ご判断の要素
現在「水素」とネーミングされている様々な商品が世に出ていますが、実際には励起状態水素ではなく、電子を放出しない水素分子のみ含有する場合が多く出回っているのが現状です。消費者を惑わす情報が多いため、下記判断基準を満たすものをお選び下さい。

溶存水素計にて水素含有を確認でき、酸化還元電位計にて-(還元)値かどうかをご確認下さい。
ORP(酸化還元電位系)がマイナス値を示し、溶存水素計で水素分子検出があるかどうか、この両データを保有しているかをご確認下さい。

活性酸素消去能力分析結果の記載があること。
ORPと溶存水素が確認できた上で、活性酸素を除去データがあるかどうか(活性酸素除去能の記載の有無を)をご確認下さい。

ご自信の体感でご判断下さい。
1.2を確認した上で、ご自身の体感でご判断下さい。励起状態水素を豊富に含んでいれば、体内の活性酸素を勢いよく消去し体内の酸化要因(老化要因)を取り除くので、何らかの体感が出始めます。[このような方に
(もし体感が少ない場合は、ストレスなどで体内の活性酸素量が非常に湧きやすい状態にあるか、何らかの理由で活性酸素が多く発生している場所で集中的に働いているか、体感感受性が鈍くなっているかの何れかで体感が遅れている場合が多いようです。そのまま、もしくは数量を増やし、ご継続をされるようお勧めしています。)

数値で見る「イーパウダー」