2017年2月18日(土)第3回 大遷都委員会開催いたします。

大遷都委員会

日時:2月18日(土)13:30スタート16:30
会場:株式会社アドバネクス本社会議室
〒114-8581 東京都北区田端六丁目1番1号 田端アスカタワー

大遷都委員会について

世界文明はその中心を移すことで、発展してきました。日本文明もまた同様に都を移しながら進化発展し、その歴史を刻んできました。日本の都が東京に遷都されて400年余り。東京は名実共に世界の代表的近代都市として存在しています。

しかし今のまま日本の首都を東京に置き続けて、真の日本の進化成長、ひいては世界の発展は望めるのでしょうか。

日本人が世界に向けて新しい時代の価値感を高く大きく発信していく必要と必然を、多くの歴史学者・哲学者・宗教家・思想家が説いていますが、肝心の日本人の意識の覚醒が進んでいるとは言い難いものがあります。

「感性はその風土に規定する」と言われます。
東京という地場は、世界をリードする日本人の意識の覚醒を促すような力を残しているでしょうか。

答えは、「ノー」と言わざるを得ません。

今、時代はその原理を理性から感性にシフトし、感性の時代の到来を要請しています。
今こそ日本人は古来から持つその繊細な感性を、世界に発信していかねばならない時代の要請を引き受けていく必然を持っていることを自覚せねばなりません。

2016年7月16日大遷都委員会記念すべき第1回開催時の様子

2016年7月16日大遷都委員会記念すべき第1回を開催しました。

大遷都委員会

大遷都委員会

思風先生から、冒頭歴史的な流れを基に何故遷都を行う必要があるのかを解説頂きました。

現在、歴史的には過渡期の時代に今あり、時代の変化の時期に、新しい時代には国の中心になる風土を変えていく。それは新しい時代を創る為の根本的、本質的な原理である。

【歴史的な背景から】
日本は古来、奈良時代から奈良県に日本の中心があり中世には京都、平安遷都があり日本の遷都が始まり武士の時代に鎌倉に移り、京都の室町に変化した。
京都という風土は平安時代に風土の基となる潜在能力を使い果たしてしまった。

その後戦国時代、江戸となり関東平野が中心となり日本の近代が始まる。明治になり江戸から東京になり今日に至る。

世界史を振り返っても時代時代に風土を移し替えながら今日に至るまで発展している。今の時代の時流が脱近代、つまり過渡期にある。

その過渡期を担うのが日本であり、過渡期の使命として何をやったらいいのか?という問いに対して大遷都が挙げられる。

どこに日本の都市を遷都するのか?
新しい都は広島しかない。日本が平和の指導者として日本こそこれからの世界の平和を目指すべき役割を担っている。
世界の平和を目指し、戦争の無い平和を目指すならば広島。ただ、広島だけではなく広島を中心として中国地方を大首都圏として捉える。

戦前から戦後にかけて和辻哲郎の風土という書物がある。
土地というものはどれ程大きなエネルギーを持って動植物を支配しているかの構図がかかれている。
風土が違えば文明、文化が違う。

だからこそ、日本を変えたい、活力をよみがえらせるには遷都が必要

大遷都こそ日本再生最後の切り札

 

第3次高度成長へ

日本が担う役割として経済を動かすには爆発的な雇用と仕事を創る必要がある。

その経済を動かす為には時代を動かさなければいけない。時代を動かすのは風土を動かす事。風土を動かす事は歴史的事実から見て言える事であり

大きな歴史的変換においては歴史無き政治も変革が求められている。

いかに公共事業を考えても大遷都に勝る公共事業は無い。従来の公共事業ではあまりにも規模が小さすぎる。数十兆単位ではなく百兆円を超える事業として国の繁栄を考える。国家予算をはるかに超える規模で行う。

遷都を通して新しい政治、経済、社会の在り方を創って、中国、韓国などアジアに示す見本となれる日本になる為の遷都であり、歴史的な価値がそこにある。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!