2013年6月1日(土)東京思風塾のご案内

6月1日の東京思風塾のご案内です。

「人間の本質は感性である。命の本質も感性である。宇宙の究極的実在も感性である。」

感性を基軸とした愛の哲学として、今世界から注目をあびている哲学があります。

『感性論哲学』です。

創始者の芳村思風先生。毎日全国の会場を飛び回られています。

毎回、60名位の方が参加されています。

熱心に集まる参加者は、学生や主婦もいらっしゃいますが、主に経営者やリーダー、様々な分野で活躍する意識の高い方が多くいらっしゃいます。

2013年の年間テーマは、『問いを持って生きる』。6月のテーマは、『人生の鉄則からの五つの問い~信じるに足る自分をつくるために~』。

問いも持って生きる大切さを一年かけてしっかり学んで参りたいと思います。

初めての方も大歓迎です。

ご参加ご希望の方は、
info@iwillbe.co.jpかFBメッセージまでご連絡ください。

_________________________

【東京思風塾6月例会】

『人生の鉄則からの五つの問い
~信じるに足る自分をつくるために~』
_________________________

「人間の本質は感性である。命の本質も感性である。
宇宙の究極的実在も感性である。」

感性を基軸とした愛の哲学として、今世界から注目をあびている哲学があります。

『感性論哲学』です。創始者は、芳村思風先生。毎日全国の会場を飛び回られています。

熱心に集まる参加者は、学生や主婦もいらっしゃいますが、主に経営者やリーダー、様々な分野で活躍す

る意識の高い方が多くいらっしゃいます。

2013年の年間テーマは、『問いを持って生きる』。

6月のテーマは、『人生の鉄則からの五つの問い ~信じるに足る自分をつくるために~』

問いは感性、答えは理性と言います。
問いも持って生きる大切さを一年かけてしっかり学んで参りたいと思います。

初めての方も、大歓迎です。
皆様のご参加を、心よりお待ちしております。

*************************************

感性論哲学は、新しい生命観・人間観を基礎に成り立っている。
人間の目的は、人間らしい人間になることであり、
本当の人間らしい人間になるためには、どうすればよいのかを提唱している。

感性論哲学では、本物の人間を目指す上で、人間の能力の中で感じる力、
つまり「感性」という存在が持っている能力・原理というものを
人生や人間の生き方において非常に大事なものだと考えている。

「感性」が持っている基本原理は自己保存の欲求・種族保存の欲求から
出て来る人間的な生き方の原理、すなわち人間は意志を実現し、
愛を実現するということであり、この二つを実現することを通して、
人間は初めて本当の意味での幸福が実現できると提唱している・・・

人類の進歩を人間性において、人間の在り方において実現すること、人間性における進化を果たすこと、こういうものを感性論哲学は目指す。

つまり、人格を目標にして生きるという文化を作り出すことによって人類として進化を実現しようとして考えているのである

思風庵哲学研究所所長  芳村思風
(感性論哲学 創始者)

*************************************

【東京思風塾6月例会】

日時:6月1日(土) 12:15受 付開始 13:00開始~19:00終了
会場:アリアル五反田駅前ビル
http://areal-jp.com/kashikaigishitu/access/index.html

講師:芳村思風先生(感性論哲学創始者)

テーマ:『人生の鉄則からの五つの問い ~信じるに足る自分をつくるために~』

会費:15,000円(初めてご参加の方・塾生以外の方も歓迎です。)
*個人会員年会費60,000円
*法人年会費150,000円(3名まで)

懇親会:翌日は思風先生の誕生日のため、懇親会はお誕生日会となります♪

懇親会時間:19:30~ 場所:銀座ベトナムアリス
http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13004096/
懇親会費:5000円(ベトナム料理フリーフード・フリードリンク込)

お申し込み:
参加希望者は、懇親会の出欠も含めまして、
info@iwillbe.co.jpまで、ご連絡ください。
(FBのメッセージからでも結構です)
どうぞよろしくお願いいたします。

FBページ:
http://www.facebook.com/events/497776376956799/

主催:株式会社アイウィルビー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!