中谷比佐子先生の心を咲かすセミナー

『日本人の心のありか』

~中谷比佐子先生 の心を咲かすセミナー 概要~

日本の歴史は、第二次世界大戦の敗戦の後、大きくゆがめられ今日まで「こころ」を封印した日本史が教えられてきたように感じています。

日本人は、「見えないものを視る目」、「聞こえないものを聴く耳」、更に「味覚」や「触感」、「臭覚」などの五感を研ぎ澄ました美学を構築してき ました。 そして、明治維新後に日本を訪れた多くの外国文化人は「此の地球上にこんな美しい国があったのか」「人々はいつも穏やかに笑っていてすがすがし い」「心か らの接し方が心を休ませてくれる」と感嘆したものでした。

日本人として日本の国に生まれ、日本人として生きている私たちは、日本人を心の底から理解し誇りを持って生きていきたいものです。

私中谷比佐子はきものと深くつきあうことによって日本人の心に触れて参りました。日本の歴史を知ることから、私たち日本人の本来持つ素晴らしい感 性を思い 出したり、五感の活かし方を取り戻したりすることのお手伝いができればと願い、一年間皆様と共にご一緒につれづれに楽しんで参りたいと思います。

~中谷比佐子先生 プロフィール~

大分市出身。女性誌の編集記者を経て㈱秋櫻舎を設立。きもの季刊誌「きもの秋櫻」発行。「きものが私をどう変えるか」というきっかけから、きもの を着続け て40年。きものを切り口に日本の文化、日本人の考え方の基本を学び伝承している。きもの雑誌の企画・監修、コーディネイト、舞台衣装、執筆を行 う。

風水、オーラ・ソーマの研究もすべてきものから派生している。㈱秋櫻舎 主宰。

■全12回スケジュール

□ 第1回 1月17日(木)『日本人の心と24節季』

□ 第2回 2月21日(木)『和の心と聖徳太子』

□ 第3回 3月21日(木)『日本における色の意味と植物の力』

□ 第4回 4月18日(木)『源氏物語の玉鬘の色』

□ 第5回 5月16日(木)『日本の色と階級について』

□ 第6回 6月20日(木)『衣食住に使われた柄の意味と価値Ⅰ』

□ 第7回 7月18日(木)『衣食住に使われた柄の意味と価値Ⅱ』

□ 第8回 8月22日(木)『着物の美学と身体の関係Ⅰ』

□ 第9回 9月19日(木)『着物の美学と身体の関係Ⅱ』

□ 第10回 10月17日(木)『日本人としての美しい所作』

□ 第11回 11月21日(木)『冠婚葬祭と和文化Ⅰ』

□ 第12回 12月19日(木)『冠婚葬祭と和文化Ⅱ』

・時間 全回共通 18:30~21:30
(セミナー2時間 懇親会 1時間) 参加費¥5,000/回

・会場:〒108-0074 東京都港区高輪3-6-11K高輪ビル5F TakanawaCAS
マップ:http://iwillbe.co.jp/corporate/map.html

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でiwillbecorpをフォローしよう!